よく検索されているキーワード
  1. 縮毛矯正
  2. 髪質改善
  3. カット
  4. パーマ
  5. ヘアカラー

縮毛矯正と縮毛矯正の間のヘアカラーと同時に縮毛矯正毛専門の髪質改善

縮毛矯正と縮毛矯正の間の、

ヘアカラーと同時に、

縮毛矯正毛専門の髪質改善をしてみませんか?

 

 

こんにちは!

 

株式会社Maison-de-Merli代表取締役×写心美容家の守部です☆

☆必読人気記事☆

https://maison-de-merli.com/blog/shasinbiyoka-kentamoribe/matome/

 

☆予約情報☆

☆ご予約は4ヶ月先まで(数回分もOK)受付中です☆

大変ありがたいことに現在8月まで予約が入ってきており、

5月からは9月のご予約も受付開始致します。

予約が今すぐ埋まるってわけではないですが、

引き続き次回予約・LINE@からのご予約にご協力お願い致します。

ご予約に関してまだ読まれていない方は必ずお読みください↓↓

 

☆はじめてメルリヘアリビングにご来店されるお客様へ☆

守部指名のお客様専用LINE@

新たに守部指名のお客様専用LINE@を開始致しました。

【僕指名のお客様のご予約&お問い合わせ】

【僕宛に髪の悩みの相談をしたい女性】

【僕が今後発信していく情報を得たい女性】

はお手数ですがこちらから新しく登録をお願い致します↓↓(美容師さんは登録しないようにお願いします。)

↓↓タップして登録↓↓

友だち追加

ブログと予約状況の確認や予約&お問い合わせメッセージの送受信が簡単にできるようになりますのでよろしくお願い致します☆

 

さて、、

 

縮毛矯正の失敗の修正から約1年

昨年の3月頃にメルリに初来店されたIさん☆

約1年間メルリに通い続けていただいて、

こちらが先日の来店時のBeforeになりますが、

1年前の初来店の頃は、(下2枚の画像は僕がビビリ修正をする前)

中間から毛先がチリチリのビビリ毛でした。

完全に毛先が爆発したかのように広がってしまっていたのに加えて、(下2枚の画像は初回でサトウがカットカラーをする前)

カットが完全に二段に分かれてボブに足が生えているみたいなヘアスタイルになってしまっており、

更にヘアオイルなどの被膜を除去すると、

悲しいくらいボワボワでした。

ここから僕が一度全体の縮毛矯正とビビリ修正を行い、

定期的にヘアカラーとカットの修正と根元の縮毛矯正を続け、

今現在に至ります。(こうやって見ると茶色く明るいハイダメージ部分がだいぶ下に降りてきましたね。)

縮毛矯正は3〜4ヶ月に一度のペースで僕が根元のリタッチをさせていただいており、

ヘアカラーは1ヶ月半〜2ヶ月に一度のペースで根元のリタッチと、

同時に髪質改善をさせていただいていますが、

前回のヘアカラーではサトウが僕の代わりに根元のリタッチだけを担当したので髪質改善をしていません。

今回は中間と毛先の、

【ダメージの進行と劣化】

が気になったので髪質改善をすることをオススメさせていただきました。

縮毛矯正と髪質改善

最初に言っておきますが、

僕の縮毛矯正と髪質改善は別物です。

簡単に言うと役割が違いますね。

縮毛矯正は前回の縮毛矯正の記事↓↓

https://maison-de-merli.com/blog/shasinbiyoka-kentamoribe/syukumoukyousei/

にも書きましたが、

【クセ毛を伸ばして扱いやすくする】

が目的ですが、

僕にとっての髪質改善は、

【毛髪強度の向上によるダメージの進行と劣化の抑止】

が目的です。

これをすることにより結果的にトリートメントのノリが良くなり、

しっとりやわらかい質感にもサラッとやわらかい質感にもなり、

面が整っていれば艶も出るのですがあくまで本来の目的は、

【毛髪強度の向上によるダメージの進行と劣化の抑止】

であり、

傷んだ髪が綺麗な髪になるまでを導く技術なのです☆

 

髪質改善の注意点

4〜5年前までは髪質改善をやっていたのは僕も含めほんの一握りの美容師だけでしたが、

 

今はどこの美容室も美容師さんも髪質改善のオンパレードで、

よくあるメーカーのシステムトリートメントでも、

メニュー名で髪質改善にしてしまいますし、

稀に何をどうやったらこうなるの??

って言うような髪質改善ではなく髪質改悪も見受けられますのでご注意ください。

 

以下参照↓↓

 

髪質改善で髪質改悪されていたお客様の髪を僕がカットだけで髪質改善した時の口コミ☆

 

髪質改善で髪質改悪された髪対策のヘアケア理論アルティメア☆【動画付き】

 

縮毛矯正毛専門の髪質改善

話は戻りまして、

Iさんの髪にヘアカラーと同時に髪質改善の施術をしていきます。

 

僕の髪質改善は髪質によってやり方または使用する有効成分の種類と配合量を変えますので、

今回のIさんへの髪質改善は元ビビり毛のハイダメージ部分にもしっかり効く、

【縮毛矯正毛専門の髪質改善】

の処方になっています。

それによりドライヤーで乾かすだけで、

 

After↓↓

 


 

縮毛矯正をしたばかりのような、

 

 

ハリコシとやわらかさと艶が共存する質感になりました☆

 

縮毛矯正と縮毛矯正の間のタイミングで行うと効果的なのでオススメです。

 

今回も艶々になった髪の動画をご覧ください↓↓(音声は流れないように予め消してありますのでご安心ください。)

 

 

また、、、

 

今回は長さも少し切りたいとのことでカットもしっかりさせていただきました。

重めにラインを揃えてカットしているように見えますが、

僕専用の鋏であるULTIMABLADEで、

【まとまるけど動く】

カットを施してあるので、

毛先をストレートアイロンで少し巻いてあげるだけで、

 

 


 

ふんわりとした大人の外ハネボブになります☆

 

Iさん今回もありがとうございました。

ご注文いただいたストレートアイロンですが、

 

先日発注しようとしたところ人気で売り切れているようです。

でも6月のご来店時までには確保したいと思いますので楽しみにしてお待ちくださいね。

 

今回のIさんのように、

 

縮毛矯正は一度失敗されると年単位で修正に時間がかかります。

 

毛先数センチだけならカットで終わるかもしれませんが、

根元や中間からビビリ毛になってしまうと、

 

全体的ビビり修正が必要になる上、

特に表面の髪は徐々にしかカットできないので、

 

ショートでも1年〜1年半、

ミディアムで2年〜3年、

ロングだとそれ以上、

 

綺麗な髪に完全移行できるまで時間がかかってしまいます。

 

そういった縮毛矯正の失敗を未然に防ぐ為にも、

 

ヘアカラーのダメージ管理や日頃できることからヘアケアをしっかりやることをオススメします。

 

本当に髪質を改善していくということが、

 

どれだけ難しいかを理解することが髪質改善への一歩ですよ☆

 

僕が辿り着いた髪質改善理論に関してはまた詳しく書いて行きたいと思います。

続く。。。

過去の縮毛矯正や髪質改善やビビリ修正の記事を読みたい方はこちらの写心美容家の人気記事まとめ内からどうぞ↓↓

 

https://maison-de-merli.com/blog/shasinbiyoka-kentamoribe/matome/

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました☆

LINE@からのお問い合わせ・ご予約・予約状況の配信をご希望のお客様はコチラ↓↓

友だち追加

サロンブログの守部カテゴリーはこちらから→守部の過去ブログまとめ

 

サロンのブログはこちらから→メルリヘアリビングのブログ

Facebookの友達申請はメッセージを添えてこちらからお気軽にどうぞ→守部 健太(写心美容家)のFacebook

 

Twitterのフォローはこちらからお気軽にどうぞ→守部 健太(写心美容家)のTwitter

 

サロン情報

【Merli~hair×living~】

〒158-0097

東京都世田谷区用賀3-6-15 細井ビル1F

~営業時間~

10:00~(最終受付はお問い合わせ下さい)

 

〜アクセス〜

メルリへ桜新町からのアクセス

 

この記事を書いた人

【代表×写心美容家】 守部 健太
【代表×写心美容家】 守部 健太写心美容家
1983年兵庫県神戸市生まれ、大阪府枚方市育ち。高津理容美容専門学校美容科卒業後、就職を機に上京。都内5店舗とフリーランスの経験を経て、2013年独立。東京都世田谷区にMerli~hair×living~をオープン。都内のみならず、関東・全国の髪に悩む女性を顧客に持つ。「本当に価値のあるヘアサロン」をお客様に感じていただけるよう、日々技術と知識の探求に努め写心美容家として美容の匠を目指す。
最新情報をチェックしよう!