縮毛矯正で髪の形状を加工し髪質改善で髪の内外を整える

 

縮毛矯正で髪の形状を加工し、

 

髪質改善で髪の内外を整える。

 

 

こんにちは!

 

株式会社Maison-de-Merli代表取締役×写心美容家の守部です☆

 

 

☆必読人気記事☆

https://maison-de-merli.com/blog/shasinbiyoka-kentamoribe/matome/

 

☆予約情報☆

☆ご予約は4ヶ月先まで(数回分もOK)受付中です☆

 

大変ありがたいことに現在10月まで予約が入ってきており、

 

7月からは11月のご予約も受付開始致します。

 

予約が今すぐ埋まるってわけではないですが、

 

引き続き次回予約・LINE@からのご予約にご協力お願い致します。

 

ご予約に関してまだ読まれていない方は必ずお読みください↓↓

 

☆はじめてメルリヘアリビングにご来店されるお客様へ☆

守部指名のお客様専用LINE@

新たに守部指名のお客様専用LINE@を開始致しました。

 

【僕指名のお客様のご予約&お問い合わせ】

 

【僕宛に髪の悩みの相談をしたい女性】

 

【僕が今後発信していく情報を得たい女性】

 

はお手数ですがこちらから新しく登録をお願い致します↓↓(美容師さんは登録しないようにお願いします。)

 

↓↓タップして登録↓↓

友だち追加

 

 

ブログと予約状況の確認や予約&お問い合わせメッセージの送受信が簡単にできるようになりますのでよろしくお願い致します☆

 

 

さて、、、

縮毛矯正と髪質改善の違い

もう何年も縮毛矯正と髪質改善をやってきている僕なのですが、

 

最近の【髪質改善の定義が完全崩壊問題】によって、

 

なんかいろんな質問が来るようになりました。

 

中でも、

 

「縮毛矯正と髪質改善の違いって何ですか?」

 

という質問が多いです。

 

『今になって何で??』

 

と思っていたのですがよくよく聞くと、

 

「髪質改善をお願いしたのに薬剤を塗った後にアイロンをされてまた薬剤塗られてた。」

 

という縮毛矯正のプロセスを踏んでいたり、

 

「髪質改善をお願いしたのに髪についた薬剤?の臭いが取れないんです。」

 

という何とも身に覚えのある残臭問題があったり、

 

などなど、、、

 

いろんな美容室でいろんな文言ややり方があるが故に、

 

消費者側が情報過多にパンクして戸惑っている状態なようです。

 

美容師側としてもこういった情報難民かつ美容室難民な方々が増えると、

 

髪の履歴が複雑化してきて自分の仕事がしにくくなると思うので、

 

どういうモノを使ってどういう効果を狙うのかっていうのをはっきり伝えた方がいいと思うんですよね。

 

美容師側のブームが終わってもロングヘアのお客様の髪には数年間それが残りますからね。

 

僕の中では、

 

【縮毛矯正は髪の形状を加工するもの】

 

【髪質改善は髪の内外を整えるもの】

 

としています。

 

クセ毛を自然なストレートヘアに形状変化させるのが縮毛矯正。

 

髪のダメージや劣化を内外から整えて扱いやすく整えるのが髪質改善。

 

ちなみに髪に艶が出るのは光の反射なので、

 

縮毛矯正をかけると髪の表面が綺麗に整っているので艶は自然と出ます。(というか出て当たり前です。)

 

なのでクセ毛の方は普通なら髪質改善をしても髪に縮毛矯正をしたような艶は出ません。

 

もしクセ毛の方が髪質改善をして艶が出たとなれば、(それでも縮毛矯正には敵いません。)

 

表面をしっかりコーティングしたか、

 

髪質改善だけど還元剤を使用して髪の形状を変化させるアプローチをしているか、

 

髪のコンディションが擬似的に改善されて健康な状態に近くなったか、

 

などになります。

 

目的が違うと中途半端な結果しか出ないのでしっかりと髪質を見極めてもらう必要性があります。

 

 

縮毛矯正と髪質改善の関係性

僕が上記の考え方でシンプルに縮毛矯正と髪質改善を施術するのは、

 

お互いを補いながら相乗的な効果が得やすいからです。

 

縮毛矯正で髪の形状をストレートに変化させて、

 

髪質改善で縮毛矯正時に出た髪の内外の負担を補い、

 

艶と形状を持続させ扱いやすいようにコンディションを整える。

 

また縮毛矯正と同時に髪質改善を行う場合にもメリットがありますし、

 

ヘアカラーの時にしかできない処方もあります。

 

多層的な角度で髪にアプローチをかけることで、

 

綺麗な髪に仕上げていきます。

 

それと僕の縮毛矯正や髪質改善は、

 

「これ混ぜれば髪質改善。」

 

とか、

 

「この薬剤とやり方=髪質改善縮毛矯正。」

 

みたいに固定で決まっておらず、

 

『この髪質には現状この要素が足りないからそれを補う成分を使って髪質改善。』

 

『この髪質やクセだとこういうアプローチが有効だから数種類の還元剤の中から効くものを選定して縮毛矯正。』

 

というように知識と経験を倉庫から引き出す感じで、

 

その場で髪を診断して処方を決めています。

 

例えば今回の記事のお客様であるOさんの場合は、

 

髪が細いが少し硬さがありクセの強さも弱くはない髪質。

 

しかも他店で白髪染めをかなりマメにされている状態で、

 

前回他店でかけた縮毛矯正部分のダメージの残りも大きく、

 

髪のダメージが見た目以上に進行している状態。

 

それを加味して僕も慎重に縮毛矯正をさせてもらったのですが、

 

思った以上に薬剤の反応が早くて驚きました。

 

それでも過去最高の仕上がりをいただいたのですが、

 

やはりベースのカラーダメージが深刻なので、

 

その対策として髪質改善の施術とホームケアの提案をさせていただきました。

 

AFTER↓↓

 

 

アイロンはしていません。

 

ハンドドライで乾かした後に、

 

毛先まで水分をしっかり飛ばすのに目の荒いスケルトンブラシを軽く通したくらいです。

 

 

艶は出て当たり前ですが、

 

髪の内外が整ったことにより髪の強度や柔軟性が上がっています。

 

いつものように動画でもどうぞ↓↓(音声は事前に切ってありますのでご安心ください。)

 

 

現状SNSで艶々な髪が溢れているように、

 

艶は簡単に手に入りやすいです。

 

ですが触ってみないとわからない違いが確かにあります。

 

Oさん今回もありがとうございました。

 

明日Stellaにてお待ちしておりますね☆

 

 

過去の記事を読みたい方はこちらの写心美容家の人気記事まとめ内からどうぞ↓↓

 

https://maison-de-merli.com/blog/shasinbiyoka-kentamoribe/matome/

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

 

LINE@からのお問い合わせ・ご予約・予約状況の配信をご希望のお客様はコチラ↓↓

 

友だち追加

 

サロンブログの守部カテゴリーはこちらから→守部の過去ブログまとめ

 

サロンのブログはこちらから→メルリヘアリビングのブログ

 

Facebookの友達申請はメッセージを添えてこちらからお気軽にどうぞ→守部 健太(写心美容家)のFacebook

 

Twitterのフォローはこちらからお気軽にどうぞ→守部 健太(写心美容家)のTwitter

 

サロン情報

【Merli~hair×living~】

〒158-0097

東京都世田谷区用賀3-6-15 細井ビル1F

 

~営業時間~

10:00~(最終受付はお問い合わせ下さい)

 

〜アクセス〜

メルリへ桜新町からのアクセス

 

この記事を書いた人

【代表×写心美容家】 守部 健太
【代表×写心美容家】 守部 健太写心美容家
1983年兵庫県神戸市生まれ、大阪府枚方市育ち。高津理容美容専門学校美容科卒業後、就職を機に上京。都内5店舗とフリーランスの経験を経て、2013年独立。東京都世田谷区にMerli~hair×living~をオープン。都内のみならず、関東・全国の髪に悩む女性を顧客に持つ。「本当に価値のあるヘアサロン」をお客様に感じていただけるよう、日々技術と知識の探求に努め写心美容家として美容の匠を目指す。