【ULTIMABLADE】シザーでもセニングでもレザーでもないブレードという究極の一振り☆




美容師が髪を切るのに使用する、

 

シザーとセニングとレザー。

 

その全てを兼ね備えるのがブレードです☆

 

 

こんにちは!

 

メルリ代表×写心美容家の守部です☆

 

DSC_7444

 

 

☆必読人気記事☆

写心美容家が初めてご来店されるお客様に提供するのはヘアスタイルだけとは限りませんよ??

 

デジタルパーマとは??写心美容家によるデジタルパーマスタイルとその解説☆

 

ロングヘアのストデジとミルフィーユバリア、、、Δデルタ!!

 

Wガラス化エアウェーブ&バッサリカット☆サックスに似合う雰囲気をパーマでつくる!!

 

パーマの失敗を克服してファッション誌のモデルみたいなパーマスタイルを手に入れる方法☆

 

まだ読まれてないお客様は必ず読むようにお願い致します☆↑↑

 

 

☆予約情報☆

☆ご予約は4ヶ月先まで(数回分もOK)受付中です☆

 

大変ありがたいことに現在3月まで予約が入ってきており、

 

12月からは4月のご予約も受付開始致します。

 

予約が今すぐ埋まるってわけではないですが、

 

引き続き次回予約・LINE@からのご予約にご協力お願い致します。

 

ご予約に関してまだ読まれていない方は必ずお読みください↓↓

 

☆はじめてメルリヘアリビングにご来店されるお客様へ☆ 

 

新たにLINE@の友だち追加ボタンが実装されました☆

 

友だち追加数

 

スマホでこのブログを見ている方は↑↑のボタンをタップするだけで簡単に友だち登録ができ、

 

ブログと予約状況の確認や予約メッセージの送受信が簡単にできるようになりますよ♪

 

 

さて、、、

 

 

本題の前にまずはお知らせです。

 

 

12月のご予約に関して

LINE@でも先日お知らせしましたが、

 

 

1月2月はまだ余裕がありますが年内の僕の予約はお陰様でほぼ埋まっております。(キャンセル枠が僅かにあります。)

 

それに伴い僕の予約が取れずに他のサロンに行かれて失敗されて、

 

泣く泣く戻って来られるお客様が近年増加しており最近もありました。

 

対策としては他サロンで失敗されてしまう手遅れになってしまう前に、

 

必ずサトウと愛澤に予約の確認を取ることを強くオススメします。

 

僕が技術と薬剤知識を共有しているというだけでかなりの差が出ますので(特に縮毛矯正)よろしくお願い致します。

 

愛澤のブログと期間限定キャンペーンはこちら↓(愛澤の予約は愛澤のブログ記事内の専用LINE@からお願い致します。)

 

 

ストレートミディアムから王道【ひし形シルエット】にチェンジ。パーマでニュアンスも。

 

 

サトウのブログ↓(3D増毛の問い合わせはサトウ宛にお願い致します。)

 

 

【髪を綺麗に伸ばすために大切なこと】悩みがあっても綺麗な髪にします★

 

 

年末の営業は12月30日土曜日14時まで、

 

 

年始の営業は1月5日土曜日10時からとなります。

 

 

※年末年始の連休中はいかなる方法でも予約の受付ができませんので必ず連休前にお願い致します。

 

 

ではでは、、、

 

 

きっかけは今年の新年会

皆さん覚えていますでしょうか?

 

 

今年の年明け早々に美容師さん向けの僕の個人ブログで書いたこちらの記事達を↓↓

 

 

ハサミを造る人。ハサミを使う人。仕事始め前日。

 

 

カット一万円の美容師×カット二万円の美容師×さすらいのハサミ屋

 

 

1号!2号!3号!

 

 

まだ読まれていない方は一度目を通していただけるとこのあとの内容が少しわかりやすいです。

 

 

まぁちょっとしたきっかけをいただいて僕が思い描く鋏を作ってもらうことになり、

 

 

↑の記事モザイクがかかっている4月に届いた初期のサンプルがこちら↓↓

 

 

 

 

いきなり3丁も送られてきて驚いたものです。

 

 

全てセニングなのですがやはりただのセニングではありません。

 

 

順番に40%〜60%、50%〜70%、60%〜80%と、

 

 

グラデーション状に梳き率を変化させたもの3丁です。

 

 

なんでまたそんな代物を作ってもらったのかというのはまた後で書きますが、

 

 

いきなり実戦投入しました☆(弘法筆を選ばず)

 

 

友人のお母さんなのですが、

 

 

BEFORE↓↓

 

 

 

 

結構なクセ毛でして、

 

 

 

 

来店周期がいつもより少し空いてしまうとこうなってしまうのですが、

 

 

届いたサンプルを使ってカットすると、

 

 

AFTER↓↓

 

 

 

 

 

 

レザーでカットしたような束感が出せました☆

 

 

元々60%や70%のセニングでカットをする美容師さんのカットを見たことがあったので、

 

 

このくらいは簡単に使いこなせちゃいます。

 

 

ですが、、、

 

 

『ちがーう!!』

 

 

僕が思い描いている通りの使用感ではありませんでした。

 

 

ウィッグのカットなどもしてみて割と早い段階で返却。

 

 

バージョンアップして帰ってくるのを待ちました。

 

 

表と裏

しばらくしてバージョンアップして帰ってきたサンプルがこちら↓↓

 

 

 

 

梳き率は僕が一番使いやすく多様性があると見込んだ40%〜60%で、

 

 

前回より髪が切り落としやすいように?誘導刃が無くなり刃線も変わり、

 

 

ハンドルはメガネから使い慣れているオフハンドルへ。

 

 

それに伴い刃が表になりました。

 

 

前回のサンプルに比べると少し荒々しさが増して良かった、、、

 

 

と思いきや表にしたことにより前回裏でやっていたカットが思うようにできず、

 

 

 

 

すぐに裏に変更してもらいましたwww

 

 

そしてしばらく使ってみて思ったのが、

 

 

【刃元の隙間がいらない。】

 

 

【毛先から中間は逃げるように。】

 

 

というように提案したのですが、

 

 

「刃元の隙間を無くすのは難しいと思います。」

 

 

と初めて難しいと言われてしまったのです。

 

 

僕はこの時はまだそれが何を意味するのかわかっていませんでした。。。

 

 

三重県松阪市へ

8月末、、、

 

 

僕はかねてより予定していたとらおさん主催の鋏の工場見学ツアーに参加するべく、

 

 

 

 

三重県松阪市を訪ねました。

 

 

決して美味しい松阪牛を食べるツアーではありませんでしたが、

 

 

 

 

松阪の美味しい牛肉に、

 

 

 

 

レアな鳥の砂肝の刺身までもが目前に現れたので美味しくいただいたのは言うまでもありませんw

 

 

明日は本題の鋏の工場見学だからな!って気合い入れてホテルで就寝☆

 

 

山端鋏製作所

翌朝、、、

 

 

雨の天気予報にも関わらず伊勢神宮にお参りしに行くと晴れるという神の導きに感謝しつつ、

 

 

午後から本題の鋏工場である↓↓

 

 

 

 

山端鋏製作所さんへ☆

 

 

こちらでは僕がお世話になっているドラゴンクローの鋏をはじめ、

 

 

多数のメーカーの鋏の製作とメンテナンスを請け負っています。

 

 

そして早速工房へお邪魔します。

 

 

職人技

僕がそこで見たのはまさしく、

 

 

【職人技】

 

 

と言われるに相応しいであろう繊細で緻密な作業でした。

 

 

僕もそうでしたが実際に鋏がどのように作られているのか、

 

 

現場で見たことがある美容師さんは少ないでしょう。

 

 

ちなみにこれが、

 

 

 

 

鋏の元となる型ですね。

 

 

これを加工すると、

 

 

 

 

こんなにピカピカで鋭利な鋏になるんです。(右はとらおさんのシザー。)

 

 

そして僕は僕で三重県まで来た本来の目的を果たします。

 

 

ウィッグを使って山端さんに直接僕の切り方や考え方を見たり聞いたりしてもらいました。

 

 

今時動画を撮って見せればいいじゃんって思うかもしれませんが、

 

 

刃が髪に入る角度や、

 

 

最初に髪に触れる位置など、

 

 

切り方の違いによって出る不具合などをしっかり見ていただきました。

 

 

するとセニングの型とメモを取り出して、

 

 

 

 

「ここがこうなったらいいんちゃうかな?」

 

 

『そうです。そうです。』

 

 

「やとすると、、、型から作らなあかんな。」

 

 

『型からってこれからですか?』

 

 

「だってそんな鋏今までに無いから型から作らなあかんよ。型屋さんに要相談やな。」

 

 

『お願いします!』

 

 

まぁ以前から金子さんに、

 

 

「そんな鋏今まで誰も作ったことないし理解不能。」

 

 

だとか言われていたから薄々感じてはいたのですが、

 

 

山端さんにまでそう言われて僕は内心、

 

 

『わがままに付き合わせて申し訳ないなぁ。』

 

 

と思いながらも半分以上は、

 

 

『今まで誰も作ったことも無い鋏とか使いこなせたら最強やん☆』

 

 

ってワクワクしていたのはここだけの話ですw

 

 

 

 

その節は大変お世話になりました☆(って現在進行形なんですけどね。)

 

 

とりあえず、、、

 

 

さらば松阪。。。

 

 

 

 

必ずまた来るからね☆(お肉食べにw)

 

 

完成

松阪から2ヶ月半の月日が経ち、、、

 

 

僕は京都にいましたw

 

 

ちょうどこの時ですね↓↓

 

 

カット1万2000円美容師に指名されて密会してきた話

 

 

なんとこの密会の直前に金子さんから完成した鋏の画像が送られて来たのです☆

 

 

なのでここで初公開したんですよ♪

 

 

案の定、、、

 

 

「何ですかコレ??」

 

 

ってなりましたけどねwww

 

 

そして東京に戻るなりすぐに届きました☆

 

 

ブレード

届いたそれを開封すると、

 

 

僕が思い描いていたそのままの鋏がありました。

 

 

シザーでもなくセニングでもなくレザーでもない、

 

 

そのくせにその全ての切り口を再現すべく生み出された鋏、

 

 

僕はそれを【ブレード】と呼ぶことにしました☆

 

 

型から作り唯一無二の鋏として完成したブレードがこちら↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

なにコレ??って思ったそこのあなたが正しいと思いますwww

 

 

名称とスペック

正直に言うと鋏を作るってなった時からその名称は決めていました。

 

 

Twitterなんかでは思う存分に周囲から、

 

 

【エクスカリバー】

 

 

【正宗】

 

 

【エリュシデータ】

 

 

などなど多数の候補を挙げていただいたのですが、

 

 

コンセプトからズレるので全て却下www

 

 

この鋏の名称とスペックはこちら↓↓

 

 

【正式名称】ULTIMABLADE

 

 

【属性】ブレード

 

 

【スペック】先端40%、中間40%〜70%のグラデーション、刃元100%

 

 

【コンセプト】一丁で究極のカットを

 

 

【ユーモアスキル】使い手のカットスキルに比例して多彩なバリエーションのカット☆

 

 

ちなみにこちらが僕が使用しているULTIMABLADEです↓

 

 

 

 

左右非対称の艶感。(左右対称がデフォです。)

 

 

 

 

表にはサロン名。(自由に選べます。)

 

 

 

裏にはURTIMABLADEの名前とシリアルナンバーが刻まれています。(僕のは00ですね。)

 

 

ちなみに一番問い合わせをいただくゴールド加工やブラック加工などはメンテナンスの都合上できませんので悪しからず。

 

 

まぁこうやってスペックを書いても未だに何これ??ってなると思いますので、

 

 

何故僕がULTIMABLADEのような鋏を作ったのかを書きたいと思います。

 

 

もうしばらくお付き合いください☆

 

 

コンセプト

僕も気づけば美容師になってスタイリストになって10年くらいカットをしています。

 

 

鋏も一丁前に剣刃、笹刃、セニング40%、GIOセニング20%、その他、、、

 

 

に加えてレザーも使ってカットをして来ました。

 

 

まぁ今ではメンズは数名ほどしか担当していませんし、

 

 

理容師さんほど多くの鋏を部位ごとに使い分けたりはしないですけど、

 

 

それなりに鋏やレザーをこだわって使い分けてカットをしていました。

 

 

でもね、、、

 

 

初期のサンプルを初めて手にした時に思ったんですよ。。。

 

 

『シザーケースが重い。(腰や身体への負担)』

 

 

『鋏を一々持ち替える時間。(タイムロス)』

 

 

『レザーの使い捨ての替刃。(コストの負担)』

 

 

それに加えてご新規のお客様の髪を見て思う、

 

 

『多種多様な低い梳き率のセニングでの乱雑なカット(スカスカカット)』

 

 

それらをまとめてなんとかできないかなぁと。

 

 

きっかけは自分が使いやすい思い描いた鋏を作れればって思っていたんですけど、

 

 

それらも解消出来ないかなぁって思い始めてより試行錯誤がこじれたわけですw

 

 

それによってその一丁だけで、

 

 

シザーのように髪をカットできて、

 

 

セニングのように量感の調節ができて、

 

 

レザーのように質感が出せる、

 

 

ブレードという鋏ができました☆

 

 

この鋏はその名前の如く玄人向きの鋏で使用する人を選ぶ鋏として作ったので万人向きではありません。

 

 

経験値とレベルが高くHP9999の人が使うと最強の攻撃力を誇りますが、

 

 

その逆ではエクスカリパー並みに1を連発するでしょう。

 

 

「こんなの難しくて使いこなせるかw」

 

 

って先輩美容師に言われたりもしましたが、

 

 

逆に一度手に取ってもらって使いこなせる人が多いと嬉しいなと感じますし、

 

 

僕が思いもつかない使い方を生み出してくれる人とか出てこないかなとも思っています。

 

 

【この一丁で究極のカットを】

 

 

そのコンセプトにはぜひ使い手の皆さんと一緒に生み出せたらいいなという想いも込めています☆

 

 

まぁ実際に既になるほどなっていう意見をいただいています♪

 

 

使用スタイルと基本的な使い方

実際にサロンワークで僕はこのULTIMABLADEのみで90%以上はカットをしています。

 

 

まぁ刈り上げや襟足の産毛の処理とか細かい部分やバッサリカットはさすがに厳しいですからねw

 

 

でもスタイルに囚われずにその真価を発揮してくれています。

 

 

特にパーマスタイル☆

 

 

 

 

やわらかく細い髪質ならベースカットだけで綺麗な毛束感ができますし、

 

 

 

 

その毛先の軽さや、

 

 

 

 

厚みも自由自在です。

 

 

髪のボリュームが多くてもクセが強くても、

 

 

 

 

綺麗な質感の、

 

 

 

動きのあるパーマデザインを生み出せます☆

 

 

またクセ毛カットにも適しているので、

 

 

 

 

 

 

女性のショートカットはもちろん、

 

 

 

 

 

 

男性のカットにも適しています。

 

 

また意外にも、

 

 

 

 

 

 

やわらかい質感のボブもカットできますし、

 

 

縮毛矯正をかけた髪の内巻きワンカールボブも、

 

 

 

 

 

 

乾かしただけでこの通りです☆

 

 

よほどのバッサリカットであれば通常のシザーやレザーを使った方が早いですが、

 

 

5センチ以内くらいのカットであればウェットまたはドライでのベースカットから使うと毛先の馴染みが良いです。

 

 

現在このULTIMABLADEの使用方法の動画を撮ったりしているのですが、

 

 

一番基本的な使い方をYouTubeにアップしましたのでこちらからご確認ください↓↓(音声にご注意ください。)

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございます☆

 

 

今回の動画では固定カメラでの撮影の為、

 

 

切り方や角度がかなり限定的になってしまっていますので、

 

 

あくまで基本的な使用方法の一例に過ぎません。

 

 

現在お客様のカット動画など撮影をさせてもらっていますので、

 

 

編集が済み次第何かしらの形で共有できればと考えています☆

 

 

サンプルの貸し出し

サンプルの貸し出しは随時受付を行なっております。

 

 

現在既に数名の待ちがありますがサンプルを希望される方は、

 

 

お名前、サロン名、住所、電話番号、

 

 

を添えてFACEBOOKメッセンジャーか、(友達になっていない方はこちらから申請後メッセをお願い致します。)

 

 

https://www.facebook.com/ken19831114

 

 

メールにて承ります。

 

 

merli19831114@gmail.com

 

 

質問なども気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

価格

そして肝心のULTIMABLADEの価格ですが、

 

 

18万円(税抜き)となります。

 

 

ただし先行特典として、

 

 

シリアルナンバー01〜09までは15万円(税抜き)。

 

 

シリアルナンバー10〜19までは16万5千円(税抜き)。

 

 

シリアルナンバー20〜が18万円(税抜き)というようになります。

 

 

お支払い方法は代引きまたは振込での現金一括払い、

 

 

クレジットまたはローン(別途手数料)も可能ですので、

 

 

よろしくお願い致します☆

 

 

最後に

最後になりますが、

 

まずは僕に鋏と向き合うきっかけをくれたとらおさん、

 

 

僕のわがままに付き合ってくれた金子さんと山端さん、

 

 

協力してくださったお客様達、

 

 

に感謝です☆

 

 

まさかオリジナルの鋏を作るなんて思ってもみませんでしたからね。

 

 

アシスタントの頃なんてカットなんか興味ないって言ってましたからw

 

 

でもそんな僕がサロンを出したり、

 

 

鋏を作ったり、

 

 

カット12000円の美容師として業界誌に載ったりと、(これに関してはまたブログで書きます。)

 

 

 

 

とても貴重な経験をさせていただいています。

 

 

失敗することもあるでしょうが今後もどんどんチャレンジしていこうと考えていますので、

 

 

引き続きよろしくお願い致します☆

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました☆

 

 

メルリへのLINE@でのお問い合わせ・ご予約・予約状況の配信をご希望のお客様はコチラ↓↓

 

友だち追加数

 

 

サロン情報

【Merli~hair×living~】

 

完全予約マンツーマン制のヘアサロン

 

【メルリヘアリビング】

 

〒158-0097

 

東京都世田谷区用賀3-6-15 細井ビル1F

 

~営業時間~

 

10:00~(最終受付はお問い合わせ下さい)

 

定休日 火曜日と月曜日もしくは水曜日(詳しくは守部の予約状況のカレンダーをご覧下さい)

 

この記事を書いた人

【代表×写心美容家】 守部 健太
【代表×写心美容家】 守部 健太写心美容家

1983年兵庫県神戸市生まれ、大阪府枚方市育ち。高津理容美容専門学校美容科卒業後、就職を機に上京。都内5店舗とフリーランスの経験を経て、2013年独立。東京都世田谷区にMerli~hair×living~をオープン。都内のみならず、関東・全国の髪に悩む女性を顧客に持つ。「本当に価値のあるヘアサロン」をお客様に感じていただけるよう、日々技術と知識の探求に努め写心美容家として美容の匠を目指す。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1983年兵庫県神戸市生まれ、大阪府枚方市育ち。高津理容美容専門学校美容科卒業後、就職を機に上京。都内5店舗とフリーランスの経験を経て、2013年独立。東京都世田谷区にMerli~hair×living~をオープン。都内のみならず、関東・全国の髪に悩む女性を顧客に持つ。「本当に価値のあるヘアサロン」をお客様に感じていただけるよう、日々技術と知識の探求に努め写心美容家として美容の匠を目指す。