【ボブの縮毛矯正】縮毛矯正で内巻きに♪



ボブの縮毛矯正なら、確実に内巻きの方が可愛いですよね??

 

内巻きにするにはちょっとコツが必要ですが・・・

 

できたらみんな嬉しいですね♪

 

今回はそんな縮毛矯正の自然に曲げたボブをご紹介します☆

 

 

 

こんにちは♪

東京・用賀、桜新町で綺麗なヘアスタイルで素敵なヘアスタイルをご提供がテーマ

髪質美人の錬金術師

チダヨシヒロです。

初めての方は必ず、こちらの記事をご覧ください☆

↓↓↓

チダヨシヒロ自己紹介&信念☆

2018.04.13

【必読】初めてメルリにてチダヨシヒロが担当するお客様必見記事☆

2018.03.14

 

 

 

 

縮毛矯正の負のイメージ

 

どうしても、縮毛矯正につきまとうは負のイメージ。

 

毛先ストーンとまっすぐ・・・

 

根元ぺターンとボリュームが出なくて不自然・・・

 

という状況。。。

 

 

Oさま
まっすぐすぎる不自然な縮毛矯正は絶対に嫌です。。。

 

というご意見も少なくありません。

 

 

これによって縮毛矯正は何故かロングヘアじゃないといけないという謎の雰囲気が出てしまいました。

 

もちろん、これはこれで綺麗なのでいいですが・・・

 

Oさま
本当は短くしたいけど・・・縮毛矯正をしてるから長いほうがいいと美容師さんに言われました・・・

 

という悲しいご意見も聞きます。泣

 

縮毛矯正をかけていてもパーマや内巻きなどでもっとヘアスタイルを楽しみたいですよね(´;ω;`)

 

でも、

 

 

それができれば、もっとヘアスタイルが楽しくなると思いませんか??

 

“チダ”
なので、僕はもっとたくさんの方に色んなヘアスタイルを楽しんで欲しいと思ってます☆

 

 

 

何故、ボブは内巻きにしたほうがいいのか??

 

例えば、よく聞く話では

 

ボブに縮毛矯正をかけたら・・・

 

金太郎みたいになってしまった・・・!!

 

 

なんていうお話を聞いたりします。

 

 

これは現在で言うところの切りっぱなしボブに近いものではあるのですが

 

縮毛矯正をかける方に多い風潮なのですが・・・

 

「量が多い」

 

と言うケースが多いように感じます。

 

これで、縮毛矯正をかけて、まっすぐすぎて、スカスカに梳かれて金太郎のようになってしまってまとまらねい・・・

 

という負の連鎖です。

 

また、

 

縮毛矯正でまっすぐすぎる縮毛矯正をするとハネてしまったりして逆に扱いにくくなってしまうケースが多いようです。

 

ボブで縮毛矯正をかけたらまとまらないを解決したケース

【縮毛矯正をかけたのにまとまらない】を改善☆

2018.04.30

 

なのでボブの縮毛矯正縮毛矯正はしっかりと内巻きに入ってるほうが扱いやすいんですね☆

 

 

ボブの内巻きに入る縮毛矯正☆

 

まず

 

カット後の写真を。

 

この時点では全くまとまっていません。

 

ですが、カットはしっかりと内巻きになるように計算されてます♪

 

内側をめくると大きなウネリの強いクセが見えます。

 

この手のタイプは湿気にやられると広がってしまい、収集がつかなくなる方が多く日本人に最も多いくせ毛のタイプと言われています。

 

このくせ毛タイプですと縮毛矯正はかけずに活かすこともできるクセですね♪

 

でも、

今回は縮毛矯正がご希望ですので、しっかりと縮毛矯正をしていきたいと思います◎

 

 

内巻きに縮毛矯正は全ての美容師ができるわけではない

 

全ての美容師が内巻き縮毛矯正ができるのか??

となるといささか疑問ではあります。

 

“チダ”
実は内巻きの縮毛矯正はとってもコツのいる技術なのです◎

 

実は縮毛矯正で使用する薬剤にはざっくり言うと

曲がりやすい薬剤

伸ばしやすい薬剤

の2タイプがあります。

 

今回のような縮毛矯正の施術パターンでは伸ばしながら内巻きに曲げていくということが必要になってきますので

どちらの要素も必要なのですね♪

 

また、とても大切なのが「アイロンワーク」です。

 

普通、縮毛矯正の時はまっすぐにアイロンを抜いていきますが・・・

 

内巻きに入るように曲げていく際は結構クルクルに巻いていくぐらいのカーブをつけておかないと綺麗な内巻きにはならないのです。

 

この薬剤選択とアイロンワークがうまくないと内巻きの縮毛矯正にはなりにくいのです・・・!!

 

 

もちろん、元々ある素材となる髪質もダメージレベルが高いと無理に曲げることはおすすめしません。

 

下手に曲げることで大きなダメージになってしまったら元も子もないのです。

 

 

そんな時は無理をせずにデジタルパーマ をした方がカーブはつきやすかったりしますよ◎

 

 

技術力が揃うとこの結果!!内巻き縮毛矯正☆

 

 

 

こーんなに綺麗な内巻きボブの完成〜♪

 

 

もちろんただ乾かしただけです。

 

バーっとザーッとブラシ無し

 

変な小手先ハンドブローもなし☆

 

 

内側から綺麗に曲がってますね。

 

 

いい感じです◎

 

 

S様もウキウキでと

Sさま
「サラサラ〜楽そう〜♪」

喜んで下さいました♪

 

 

内巻きの縮毛矯正は確かに難しい技術ですが・・・

 

技術的なコツと薬剤の知識、素材を見抜く力

 

さえあればできる技術です☆

 

サラサラロングの縮毛矯正も素敵ですが・・・!!

 

 

イメージを変えたい

ボブで縮毛矯正をしてまっすぐすぎるのが怖いという場合は是非、ご相談くださいね!!

 

 

 

縮毛矯正に関してはこちらもおすすめ☆

初めて縮毛矯正する方もそうでない方も【縮毛矯正のメリット・デメリット】をお伝えします!

2018.06.06

【ダメージレスな縮毛矯正!?】そんなものはあり得ない??

2018.06.02

【アホ毛・毛羽立ち・くせ毛】を直す方法♪

2018.06.01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

チダ ヨシヒロ
チダ ヨシヒロ
【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。
2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。
綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。 2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。 綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。