美容師が選ぶ【家電屋さんで買える】スタイル別,使い方別でのオススメのストレートアイロンとプロ用の違い。



さて本日はスタイル別、使い方別でのストレートアイロンのご紹介記事です。

 

ざっくり言うと
  • 使う目的別でアイロンを選ぼう!
  • 長い髪のクセを伸ばすとき、ツヤを出しながらボリュームを出したいときのオススメ!
  • プロ専用と市販品の違いの解説!

こんにちは!

JR【原宿駅】からそれぞれ徒歩4分

GO TODAY SHiARE SALON

キレイな髪からはじめる“LIFE DESIGN”

愛澤直人です(@thezazawa)

ご予約に関して

ご予約やご相談はこちら

↑こちら↑タップ(クリック)すると

予約ページに移ります!

 

使う目的別ででアイロンを選ぼう!

 

お客さま
ストレートアイロンって何買えばいいですか?
愛澤
どういうふうに使いたいかにもよりますね。解説しましょう!

 

同じストレートアイロンと言っても個性があります。

目的別、使い方別で言うなら主にこの2つがあると思います。

 

  • クセや広がりを抑えて、キレイなストレートにする使い方。
  • 前髪にカール、トップにボリュームを出すなど、セットとしての使い方。

 

お客さま
セットとして使うこともあるんですね!
愛澤
ありますよ!コテやカールアイロンでは逆に使いづらいと言う方もいますからね。

 

実はストレートアイロンは、髪の毛のセットとして使うこともあります。

実際にクセはそんなにないけど、セットの仕方を提案して、気に入ってくださったお客さまがそのまま購入いただくことも珍しくありません☆

 

目的別でのオススメポイント

 

では実際にどういうポイントを抑えて買えばいいのか?解説します。

まずはクセをしっかり伸ばしたい、ミディアム〜ロングヘアーの方へのオススメアイロンのポイントがこちら。

  • プレートが割と大きめのタイプ
    →シンプルに時間短縮になる。1回の髪を挟める量が大きいのが理由。
  • 持ちやすくて使いやすい
    毎日使うものだったりすると、使いやすさや持ちやすさも大切になってきますよね。
  • 摩擦の少ないプレート素材
    主にチタン(チタニウム)やテフロンがオススメ。

 

と言ってもわからないですよね(笑)

オススメだとこちら(飽くまで個人的意見です)

  • KINUJO
    →こちらは美容師も現場で使うアイロンの一般ユーザー向け。結果を求めたい方に。
  • SALON de TESCOM
    →コスパ重視の方に。スチームアイロンタイプもありますが普通のタイプで十分かなと思います。

 

持ちやすくプレートが大きいものは、特にロングヘアーや、毛量の多い人にもオススメです♪

摩擦が少なかったり、しっかりたくさんの毛束を挟めるのがポイントかなと思いますd( ̄  ̄)

 

お客さま
値段の違いってなんですか?
愛澤
後述していますが、ハイグレードなモデルだと機能がたくさんついているのと、プレートの素材がいいですよね。

毎日使う方には、ぜひちらをオススメします☆

 

頻繁に使う人ほど、プレート(熱くなるとこ)の素材はぜひこだわりたいところ。

 

 

で、ここからはストレートアイロンでセットしたい方向けのアイロンのポイント。
主にショートやボブスタイル。前髪のセットにこだわりたい人に。

  • プレートが小さくて薄めのタイプ
    →セット重視なら、プレート部分は小さく薄いものが使いやすい。。
  • ストレートのみが不安なら2WAYタイプ
    市販品ならではのストレートとカールをつけれる2WAYタイプ

 

オススメだとこちら(飽くまで個人的意見です)

TESCOM プロテクトイオン ヘアーアイロン 

TESCOM マイナスイオン2WAYスチームヘアーアイロン

 

小回りが聞いたり、場合によってはコテとして使えるものは、使用の幅も広がると思います。

2Wayタイプだとカールが欲しい時も使えるので、より実用的ですね。

 

お客さま
メーカーで選ぶよりも、カタチとか使いやすさで選んだ方がいいってことですか?
愛澤
ですね。価格帯が一緒だと極端に差ははないですから。使いやすさ重視でいいかなと思います。

◯◯ちゃんのCMの〜とか、マイナスイオン〜とか、そういうのはあまり気にしなくていいと思います。

 

「絶対のこれがオススメ!」というわけではないですが、個性がわかりやすいものをチョイスしました。

普通に家電量販店でも取り扱いがあるので、手にとって試せるのが嬉しいところです。

 

プロ用と市販品では何が違う?

 

では、「プロの美容師さんと同じものが使いたい!」

という方向けに、プロが使う製品と一般ユーザー向けでは何が違うのか?

結構大事なとこなのでチェックしてみていくださいね。

  • 電源自動オフ機能の有無
    火事防止のための機能。サロンでは30分で勝手に切れると困るので無い(笑)
  • 海外対応の有無
    →電源のワット数は海外の方が強いので故障の原因になります。旅行で使えるように、市販品にはついていることが多い。
  • コードの長さ
    →ドライヤーもそうですが、プロ製品の方が長い。
  • 温度ロック
    →うっかり温度設定を買えないようにロックできる機能。市販品ならでは。

 

このように「家で使うのか?旅行先で使うのか?うっかりミスがあるのではないか?」

この観点で作られているのが市販の商品。

 

↑だいたい家電屋さんに言っても同じようなポイントが書かれています。

 

で、逆にこのような余計な機能はつけず、シンプルにアイロンとしての機能に超特化したのがプロ用製品。

 

そんな「プロも使うアイテムを使いたい!」と言う方にはこちらがオススメ。

ラディアント シルクプロアイロン

ADST アドストDS ストレートアイロン

 

ちなみにこちらの2タイプはサロンにも用意があるので、使ってみたい方はぜひお声かけくださいね。

 

個人的には、家で使うならラディアントがもっとも使いやすいのではないかな?とも思います。

サイズも細いのから太いのまで幅広いですし。

愛澤
散々「家電屋さんで〜」とも言いましたが、実際のところプロユースの方を選ばれる方が多いです。

 

実感論ですが、やはり故障も少ないかな?と思います。

現場だとほぼ毎日1日中使いますからね。それに、プレートの素材感は言わずもがな一流製品です。

 

ということで、本日はここまで。

ぜひご参考くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!



この記事を書いた人

愛澤直人
愛澤直人
「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。
原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。
骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。
ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。 原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。 骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。 ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。