【桜新町・用賀】しみない白髪染めカラーの方法。



「ヘアカラーがいつもしみる・・・。」

「白髪染めがしみる・・・。」

そんな方って実は多いのではないでしょうか??

 

カラーが何故しみるのか??

 

しみないためにはどうしたらいいのか??

 

カラーがしみない方法があるのか??

 

そんな白髪染めやカラーの納得ができる内容ですよ!

こんにちは♪

東京・用賀、桜新町で内巻き縮毛矯正とカラーが得意な美容師

縮毛矯正・ブリーチカラー・髪質改善のご意見番

チダヨシヒロです。

縮毛矯正&髪質改善のことはコチラ

↓↓↓

ダメージによって広がる毛先を縮毛矯正×髪質改善でキレイに

2018.07.24

ナチュラルな内巻き縮毛矯正でお手入れ簡単ボブへ♪

2018.07.14

 

白髪染めやカラーがしみる理由

 

お客さま
なんで白髪染めやカラーはしみるの??

という疑問を持たれてる方は多いのではないでしょうか??

 

白髪染めやヘアカラーがしみる理由としては・・・

  • アルカリ性
  • ジアミン
  • 過酸化水素水

この3つの要素が大きいかと思われます。

 

この3つの中の何かしらが原因で『しみる!!』という方は多いのです。

 

そして、これらが入ってるカラー剤の種類は・・・

 

酸化染毛剤(アルカリカラー)と呼ばれる一般的に多く出回っていて美容室でもカラー剤といえばコレ!

といったカラー剤なんです。

 

酸化染毛剤ってしみやすいの??【カラー剤の種類】

 

まずはカラー剤の種類をしっかり把握しておくことが大切です!!

 

今回の酸化染毛剤とは中央のアルカリカラーと呼ばれるものになります。

 

このアルカリカラーは

「メラニンを破壊して、その破壊した部分に染料が入り込み発色する」

という仕組みになってるんですね。

 

こいつの仕組みを図と先ほどの「アルカリ性・ジアミン・過酸化水素」を引っ掛けて説明しますね。

①アルカリ性の力でキューティクルの扉を開ける

 

②キューティクルの開いた部分からカラー剤が侵入

③中でメラニンを壊して発色

こんな流れでカラーは染まってるんです。

なので、アルカリ性もジアミンも過酸化水素水も全て発色するためには必要なんですね。

 

ジアミンって何?

ジアミン・・・PPDA(パラフェニレンジアミン)と呼ばれる染料の一種

 

このパラフェニレンジアミンという化学染料によってカラー剤は飛躍的進化をしました。

 

パラフェニレンジアミンによって綺麗な発色や多くの色調を楽しめるようになったのです。

 

しかし

 

最近、このジアミンによってアレルギーを起こしてしまうという方が増えました。

 

ジアミンによって皮膚の炎症を起こしてしまうのです。

 

なので、最近はジアミンは”悪”という認識が強いようですね。

 

過酸化水素水とは??

 

過酸化水素水・・・カラーにおける過酸化水素水の働きは『アルカリ剤によって2剤の過酸化水素水が分解され酸素を発生。発生した酸素がメラニン色素を脱色し同時に発生した酸素によって染料を発色させる』

というものです。

 

市販のカラー剤って1液と2液を混ぜて使用しますよね??

 

その2液となるのがこの過酸化水素水です。

 

なので、この過酸化水素水がないとカラーは綺麗な発色はしないのです。

 

綺麗なアッシュにもならないし綺麗に白髪染めもできなくなってしまう。。。

 

必要不可欠なものなんですが、これも皮膚への刺激が強いと”悪”となってますね。

 

 

なので、カラーの仕組みをおさらいすると

  1. アルカリでキューティクルを開いてカラー剤を内部に入れる
  2. 内部でジアミンと過酸化水素水が合わさってメラニンを壊し染料が発色する

ということになりますね。

 

必要不可欠ではあるんですが・・・

 

どうしても刺激性が強いものとなってますので、皮膚の敏感な方あどうしてもしみてしますようです。

 

“チダ”
次はいよいよしみないカラーの方法です!

 

 

 

しみない白髪染めカラーの方法

 

普段使用してるカラー剤がなぜしみてしまうのかはご理解いただけたと思います。

 

では・・・

 

どうしたらしみない白髪染めやカラーができるのでしょうか??

 

白髪率が非常に高めのゲスト様。

髪質はしっかりしていて染めりにくいタイプです。

 

そして、ものすごく敏感肌でカラー剤はしみやすかったりします。

 

この日も頭皮に謎の湿疹が・・・。

 

となると、なおのこと頭皮には刺激を与えることは避けたいですね。

 

頭皮を守るために

 

頭皮の保護オイル

 

生え際のプロテクトクリーム

 

こちらは常に常備してあります。

 

オイルやクリームをあらかじめ塗っておくことで刺激はだいぶ緩和されるのです。

 

しかし、これを塗ったからといってベッタリと頭皮にカラー剤をつけてしまったら本末転倒です。

 

ここでも最新の注意を払いながら

 

地肌に全くつかないカラーの塗布テクニックを使ってやっていきます。

 

ゼロテク

と呼ばれるカラーの塗布テクニックですね!

 

このように地肌につかないように塗布することによって全くしみません♪( ´▽`)

 

さらに流すときには

炭酸泉でしっかりと洗い落として頭皮も髪も綺麗にしちゃいます◎

 

もちろん、髪や頭皮に残留物がなくすようなシャンプーを使うのもこだわりの1つです♪

 

 

そして、染まり上がりはコチラ〜♪

綺麗に染まってますね☆

『このくらい明るく白髪染めができると嬉しい〜♪』

 

と喜びのお言葉もいただきました(*´∀`*)

 

地肌につかず、しみないで綺麗な白髪染めができたら嬉しいですよね♪

 

 

実はこの塗布テクニック・・・

“チダ”
ブリーチを塗布するときにも使います!

ユニコーンカラーの伝道師が伝える!【綺麗なユニコーンカラーをする方法】

2018.07.20

黒髪に青いインナーカラーを入れる☆

2018.07.19

ダメージを抑えたブリーチ1回で作るバレイヤージュカラー

2018.07.12

 

なので、これも普段から難しいカラーをしてるからこそなせるワザなのです。

 

縮毛矯正の薬剤も頭皮に付くことはまず、ありえませんが他にもカラーやパーマ、ブリーチなども頭皮につかないようにするのは僕の心がけてることです☆

 

お客様に不快がないように過ごしてもらえることが1番ですからね!

 

白髪染めもただ塗るだけではなく、しっかりとテクニックを使ってやることが大切なのです。

 

たかがリタッチ、たかがカラー、たかが白髪染めかもしれませんが頭皮のトラブルが起きてからでは遅いのでしっかりと知識とテクニックのある方にお願いしましょう!

 

もちろん、僕にご相談いただけましたら応えられる範囲でお応えします♪

 

365日、24時間受け付けておりますのでご遠慮なくご相談くださいね。

 

 

 

【あなたの笑顔のために!!】

お客様が笑顔になるための技術と知識と結果を☆

 

【お客様からの口コミ】

ほんの一部ですが・・・

こんなお言葉をいただけるなんて嬉しいです!

これからも、もっと髪が綺麗にしたい!!というあなたのお悩みを解決できるように頑張りますからね♪

 

ご予約・ご相談に関しては下記の「LINEで髪のコトをご相談・予約」をタップしてくださいね。

 

髪のことなら365日24時間受付ております☆

 

おすすめ記事☆

ナチュラルな内巻き縮毛矯正でお手入れ簡単ボブへ♪

2018.07.14

不自然なピンピンストレートではなく自然な仕上がりの縮毛矯正にしたい

2018.07.04

【縮毛矯正の上手い美容師】にやっと出会えた!

2018.06.22

 

 

 

この記事を書いた人

チダ ヨシヒロ
チダ ヨシヒロ
【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。
2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。
綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。 2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。 綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。