大人女性こそ美容院ジプシーになってしまう理由と、その解決策。



さて本日は美容院ジプシーになってしまう理由と解決策のご紹介記事です。

実際にあった事例も交えながらのご紹介です。

 

ざっくり言うと
  • 髪型で絶望的に失敗した原因は?
  • 10年通って行けど実は…
  • 個性で選ぶと失敗しにくい。

こんにちは!

JR【原宿駅】から徒歩4分

GO TODAY SHiARE SALON

キレイな髪からはじめる“LIFE DESIGN”

愛澤直人です(@thezazawa)

ご予約に関して

ご予約やご相談はこちら

↑こちら↑タップ(クリック)すると

予約ページに移ります!

 

美容院選び、髪型で失敗した!その理由は担当が変わったから?

 

お客さま
  • いつも行ってる店だから、担当が変わっても大丈夫でしょ。
  • たまには違う人でも良いかな。

 

この記事を読むあなたは、そんなタイミングで「髪型失敗した!」という経験があるのではないでしょうか。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか??

今回は実際にご来店された方を例にあげて、お伝えします。

 

さて、先日初めてご来店されたSさまの事例。
(※今回お客様の状況も考慮し、写真は一切撮っておりません。)

 

【実際にご来店前にいただいたメッセージ】

 

 

お客さま
髪の毛を見て頂きたく、予約をお願いします。私の伝え方が悪く、すかれすぎて絶望感しかありませんでした。

 

これはなかなかに辛辣ですね。

「絶望感」…この言葉だけでも、どうにかしてあげたいという気持ちがわいてきます。

美容室に行ったその日に下さったメッセージでした。

 


で、このまま話を続ける前に1つだけお伝えします。髪型や美容院選びの失敗のなかでも

「とても待たされた」とか「技術への不満」「人間的に合わない」はある意味仕方ないと考えています。

愛澤
お店が改善するか、美容師が上手くなるかしかないです。それと相性というのも人間なら必ずありますから、よっぽど合わないなら変えて良いと思います。

 

しかし今回は、それらの理由ではな無さそうなんですよね。

「絶望感」とおっしゃるくらいなので、どんな髪型でご来店するんだろう?

と思っていたのですが、実際に来店したときの僕の感想は

 

愛澤
え?別にそこまでひどい髪型じゃない気がするけど。

というのが正直な感想。

 

詳しく話しを聞いてみると

お客さま
私も言い方が悪かったのですが「スッキリさせたい」って伝えたんです。

そしたら「わかりました」ってそのままシャンプーもせずに、切られて「ほらスッキリしたでしょ」って。

もう仕上がった時には鏡をみて、言葉が出ませんでした。

ちょっと長くなるので要約しますね。

 

要約
  • 10年以上お願いしている人が休みで違う人にお願いした。
  • 「スッキリさせたい」って伝えたら、シャンプーせずにそのまま切られた。
  • 仕上がったら絶望するほど気に入らない髪型になった。

 

これだけ見るとテキトーに切られたのかな?って思うかもしれませんが、きっとそうじゃないんですよね。

 

愛澤
なぜなら、髪型としては普通に良い感じのレイヤースタイルだったから。

 

ですが実は、ここが問題なんですよね。

このSさんが言った「スッキリしてください」というオーダー。

 

Sさん的には「髪の量感が気になっただけ」であって

実は「段を入れたレイヤースタイルでスッキリさせる」のは

本人的に絶対やりたくない髪型だったんです。

 

つまりこの失敗の裏には、美容師側のカウンセリング不足、もしくは思い込みがあると思うのです。

 

美容師さんが下手なわけでもないし、相性が合わなかったわけでもないんです。

少なくとも話を聞いている限りではカウンセリング不足。これが主な原因と考えています。

 

お客様の理想としては

お客さま
細かく説明しなくても思った通りに切ってくれた!

初めて担当してもらった時にこうなれば、最高ですし失敗とは無縁でしょう。

 

だからこそ(美容師側としては)

  • 絶対に外せないポイントは必ず確認する
  • そんなこと当たり前にやってよね!って誰もが思うようなポイントはそもそも聞かない。

 

この2つは外せません。

 

説明疲れする。本当にわかってもらえてるのか不安。

こういうことがないように、初めての方は特にカウンセリングや、接客中での会話は工夫する必要があります。

 

そもそもお客様は基本的に伝え方がわからない

 

これも私が美容師をする上で大切にしている考え方です。

 

愛澤
お客様は伝え方が分からないのが普通ですさらに言うなら、何が似合うのかわからないのも普通です。

 

うまく伝えようとしなくていいので、スマホ検索でもヘアカタでもいいです。

好きなイメージだけお持ちいただければ、もうそれでOKです。

 

さらに言うなら

愛澤
「そもそもそれすらも分からない!」っていう方もいたって普通ですので安心してください。(笑)

あなただけじゃありません。

 

  • お客様が好きなイメージ
  • 客観的に似合うヘアスタイル
  • 髪質や骨格的に再現できる髪型

 

「なぜそうしたいのか?」「何に悩んでいるのか?」をできるだけくみ取り、周りからどう見えるのか?お客様がイメージしやすいようにお伝えしています。

お客様とのカウンセリングは仕上がりイメージの擦り合わせ。ここで共感できなければ、失敗の確率が上がってしまいます。

 

 

実は10年間気に入ったことがなかった。

 

実はすこし驚いた事実があって、Sさまは今回ご来店するまでに

10年同じとこに通っていたにも関わらず、理想どおりになったことが無かったと。

 

「10年も髪が気に入ったことがない」って女性にとっては、人生にも関わるほどの体験ですよね。

 

この、髪が気に入ってないのにサロンを変えられない理由として多いのは

 

  • また変えて失敗したくない
  • 変えることが手間や面倒に感じる
  • リスクに感じてしまう

 

などなど。大人女性であれば特にそういう傾向が多いと感じます。

 

そこで、少しでも「美容室を変えてみようかな」と思っている方にオススメしたいのが、できるだけ“美容師個人の個性”で判断したほうが失敗が少ないということ。

 

図で言うとこのようになります。

 

今はまだ業界構造的に「見つけやすいけどミスマッチが多い」という状況になっていますが

 

近い将来「自分にあった美容師を見つけやすくベストマッチしやすい」このような世界が必ず実現すると信じています。

 

まだリリース前ですが、私も週1回で開発に関わらせていただいてるこちらのプロジェクト。

STEKiNA(ステキナ)一生付き合える美容師に出会おう

 

愛澤
こういうサービスが世の中に広がると、もっとステキな世の中になるはずです。

 

美容院ジプシーを卒業できるような体験をあなたに

 

長くなりましたが、最後に今回のSさまからいただいたレビューの全文をご紹介いたします。

  

 

Sさまは、ネット検索でブログを見てご来店いただきました。

ここで最後に僕のことを紹介させていただくと

 

髪質にお悩みを持っていたり、クセ毛が上手く扱えない、どこに行っても納得したことがないなど。

そういうお客様に高評価を頂いております。

 

 

100人来て、絶対に100人に満足していただけます!

さすがにそこまでは断言できません。(気持ちはあります)

 

しかし少なくとも、絶対に悲しませるような仕事はしません。

 

自戒も込めて、今回はこのような記事を書かせていただきました。

美容室選び、美容院ジプシーで悩む人が少しでも救われるよう願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 



 

この記事を書いた人

愛澤直人
愛澤直人
「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。
原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。
骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。
ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。 原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。 骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。 ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。