「軽くしますね」の一言で梳かれすぎてスカスカになってしまったロングヘアーの改善。



さて本日は「軽くしますね」と言われ気づいたら

梳かれすぎてしまったというブログ。

 

Iさま
一度軽くしますね〜〜と言われ、梳かれすぎてしまって、それから出産などもあり1年以上切らずにいました。

 

愛澤
ちょっと髪の毛見させてくださいね…。

こんにちは!

JR【原宿駅】からそれぞれ徒歩4分

GO TODAY SHiARE SALON

キレイな髪からはじめる“LIFE DESIGN”

愛澤直人です(@thezazawa)

ご予約に関して

ご予約やご相談はこちら

↑こちら↑タップ(クリック)すると

予約ページに移ります!

 

 

「軽くしますね」と言われ梳かれすぎてしまった

 

さて本日はブログからお問い合わせいただき、初来店しましたIさま。

 

Iさま
一度「重いんで軽くしますね〜」と言われ、そのまま梳かれすぎてしまって、それから出産などもあり1年以上切らずにいました。

 

愛澤
なるほど。一度髪の毛見させてくださいね。

 

 

 

 

 

1年以上切ってないこともあって、まとまりに苦しさがあるかなと思います。

 

で、その「梳かれすぎた」というのが

 

 

 

青枠が梳かれているとこ。赤枠が残っているとこ。

こういう感じのカットが顔周りにもにも見られました。

 

Iさま
前切った時は胸くらいまで長さがあったんですけど、根元の方からもも梳かれてしまって。ピンピンした毛が出て大変でした。

 

愛澤
かなり大胆に少なくされてしまったんですね。

 

軽くする、梳くのはやり方の問題でしかない。

 

わかりやすく言うと今回は《髪に大きな隙間ができるように》梳かれていた状態でした。

 

求めるヘアスタイルや髪質によっては、こういう技法も普通に使います。

 

愛澤
たくさん梳く、ドライカット、重くする…などなど。

全ては使い方次第で、決して良い悪いではないんです。

 

ただ今回のようにお客さま自身が《やりづらさを感じいている》時点で、このカットデザインがその人に合わなかっただけだと思います。

 

実際今回は私も梳きバサミだって使ってるし、邪魔なところは軽くしています。

 

 

↑普通にこれくらい切っています。

 

しかし梳かれすぎは修復にも時間がかかる

 

今回は、いろんなタイミングが重なって《一年以上切らない》状態が続いたのですが

 

それゆえに修復もさほど大変ではなかったんですよね。

 

こういうお客様実例もありますが

 

毛先をスカスカに削がれてしまった髪を育て続けて10ヶ月目。

 

実際問題、1回のカットが合わなかっただけで1年近く修復に時間がかかってる例もあるわけです。

 

毛量が多い人や、膨らみやすい人ほどこうなっていることが多いかな?と思います。

 

【今日のポイント】

  1.  梳かれすぎているとこと、重いところがまばらなので、まとまりやすく。
  2. 前髪もセルフカットだったので、デザインし直しを。
  3. 毛先は髪質改善bridge(トリートメント)でしっかり充填・補修。
 
 
 

仕上がりはこのようになりました。

 

 

 

 

 

 

⬇︎中央のバーを左右にしてご覧いただけます⬇︎

 

長さもある程度切ったので整いましたd( ̄  ̄)

 

同じロングヘアーまとまりややりやすさ。変わります。

 

気に入っていただけたようで嬉しく思います☆

 

 

こういった事例もご参考くださいね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!



この記事を書いた人

愛澤直人
愛澤直人
「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。
原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。
骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。
ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。 原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。 骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。 ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。