「軽くしすぎて髪がバサバサにまとまらなくなってしまった」対策はいかに?



本日は、軽くしすぎてまとまらなくなっていしまった方のための改善記事です。

 

ざっくり言うと
  • 軽くしすぎてまとまらない対処は?
  • 合うか合わないかが問題。
  • まとまりを出すためにはパツっときることが大事。

 

こんにちは!

JR【原宿駅】からそれぞれ徒歩4分

GO TODAY SHiARE SALON

キレイな髪からはじめる“LIFE DESIGN”

愛澤直人です(@thezazawa)

ご予約に関して

ご予約やご相談はこちら

↑こちら↑タップ(クリック)すると

予約ページに移ります!

 

軽すぎてまとまらなくなってしまった

 

「軽くしすぎてまとまらない」

 

特に縮毛矯正が必要そうないわゆる「剛毛」であったりとか、クセ毛でお悩みの方から多く頂くお悩み。

今日もそんなお悩みのお助けします( ´ ▽ ` )ノ

 

さて本日は縮毛矯正のご予約ででご来店されたMさま。

 

 

 

 

 

Mさま
一週間前に切ったんですけど、軽くされすぎちゃったみたいで、まとまらなくて困ってます!

とりあえずクセ抑えたらどうにかなるかなって思って。

 

愛澤
お任せくださいd( ̄  ̄)カットは必要だと思いますが、縮毛矯正の仕上がりをみて決めましょう☆

 

今日のオーダー

  • 軽くなりすぎてあつかいずらい
  • たくさん切られた感覚がある
  • とにかくまとまらないので、どうにしかしたい。

 

ご本人的には「とりあえずクセを伸ばせばどうにかなるかも?」ということで縮毛矯正のご予約でご来店。

おうちに帰って次の日から自分でどうにもできないときって、辛いですよね。

 

どのように対処するのがベストか。詳しくご案内します( ´ ▽ ` )ノ

 

レイヤー(段)と軽さが本当に原因なのか??

 

今回は「軽くされすぎた。」ということでした。

 

最初にお伝えしたいのは、段を入れることも軽さを出すことも、飽くまで手段であるということです。

それらを使わずにカットするということは、出来上がるスタイルがかなり限られます。

ここで段を入れることや、軽さを出すことのメリットをまとめてみまました。

 

軽さをだすことのメリット。
  • スタイルに動きや軽さが出る。
  • 毎回しっかりセット・スタイリングしたい人には向く

 

こういうことが前提としてあるならば、軽さや段も必要です。

 

ですが今回はお客さまが自身が

お客さま
まとまらずどうにかしたい!!

こう感じているのであれば、これは失敗というよりももはや、その人に合わなかったというのが正しでしょう。

 

ブローすればかたちになるけど…結局切る

 

で、今回さんは縮毛矯正のみのオーダーで実はカットするつもりはなかったのですが、

仕上がったあとは、しっかりブローしたらいい感じのヘアスタイルになりました。

ですが

 

愛澤
これ、明日から自分でできます??

 

Oさま
いえ、無理です。(笑)

ということでしたので、カットもさせていただきました。(笑)

 

軽くなりすぎた髪にまとまりを持たせるには?

 

これは単純ですが、まとまるように切ればいいのです。

じゃあ「まとまるように切るって何ですか?」って声が聞こえてきそうなんでお答えしますと、それは

パッツンにきるっていうことです。

 

え?

って思いますよね。(笑)

 

愛澤
いかにわかりやすく伝えるか?ってことを考えたらこれが一番分かりやすいかなと思います。
ちなみにパッツン前髪にするって意味ではないですからね。

 

つまり軽くなりすぎてしまったところは、重くなるようにスパッと切る。いたってシンプルです。

 

ですがこれも、ある程度長さが切れる場合に限ります。

 

 

愛澤
なかには修復まで時間がかかるケースもあります。

毛先をスカスカに削がれてしまった髪を育て続けて10ヶ月目。

2018.03.21

 

 

 

Oさま
しばれるくらい長さがあればいいです。

 

こう言ってくださったので切れるとことはさっぱりと。

 

 

 

 

もともとの段がかなり入っていたので、今後も時間をかけて希望のイメージにしていきたいところ。

ですがなにより喜んでいただき嬉しく思いますd( ̄  ̄)

 

愛澤
カットは特にバランスが大切だと思っています。

 

100人いらっしゃって、100人感動させるには私はまだまだ未熟ですが

 

  • 髪が多くて剛毛な髪を柔らかく見せたい
  • クセ毛をいかした髪型にしたい

 

などなど。こういう方には力になれます!

ぜひご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 



この記事を書いた人

愛澤直人
愛澤直人
「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。
原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。
骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。
ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。 原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。 骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。 ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。