【保存版】髪の量が多すぎる。どうやって解決すればいいの?



さて本日は「髪の毛が多すぎるとい」お悩みを持つ方のための解決記事です!

 

ざっくり言うと
  • 髪の量が多い人が陥る2パターン。
  • 両極端に分かれると納得できない
  • 手間は増えるが細かく切ることが望ましい!

 

こんにちは!

JR【原宿駅】からそれぞれ徒歩4分

GO TODAY SHiARE SALON

キレイな髪からはじめる“LIFE DESIGN”

愛澤直人です(@thezazawa)

ご予約に関して

ご予約やご相談はこちら

↑こちら↑タップ(クリック)すると

予約ページに移ります!

 

 

髪の毛が多すぎる人が陥る2つのパターン

 

Oさま
髪の量がとにかく多くいんです…。

縮毛矯正ばかりやっていると、クセ毛のお悩みに並んでしてこの

「量が多くて…」というお悩みに直面することが多くあります。

 

それが理由であまりヘアスタイルを楽しめていない方は、これまでの解決策として、次の2つパターンに分かれることがほとんどです。

 

  1. とにかく量をすいて軽くしてもらうパターン
  2. 逆にすかれすぎてしまい、そのあとずっと重めにしているパターン

 

正直この2つの方法で納得している方は、この先これを読む必要はありません。

 

ですがこのパターンで納得していない場合は、ぜひ続きをご覧くださいね。

 

1.とにかく量をすいて軽くしてもらうパターン

 

1つめのパターンが、とにかく軽くされすぎてしまった場合。

 

髪の量を極端に減らすということは、髪の多いとこ・少ないとこの対比ができあがります。

 

これは左右で不均一なお客様でした。右が重く左が軽い。(というよりももはや欠損に近い…)

 

かなり極端な例ですが、実際にこういうカットにされてしまっている方多いです。

 

愛澤
まとまらなくて困っている方には、特に毛先が軽くなりすぎています。

 

つまりこれって

根本はもっさり。毛先はペラペラ。

頭が大きく見えて、毛先はバサバサでまとまらない。

こういうことです。

 

愛澤
体験したことありませんか??

 

 

愛澤
このように切られ「やりづらくなった!」と、僕のところに駆け込んでくるお客さまは非常に多いです。

 

「こんなはずじゃなかったのに…」

 

こうなってしまった場合、1回での施術で治すには限界があります。

 

全体的に軽くされすぎてしまうと、さらに大変です。

 

 

カットは引き算のデザインなので、髪を足すことは不可能です。

 

こうなる前に、今一度美容室選びは慎重にしましょう。

※特に髪を伸ばしている方や、ロングの方は要注意です。

 

すかれすぎてしまい、そのあとずっと重めにしているパターン

 

次は逆に軽くされすぎてしまって、逆に重たく残している場合。

 

こういう方は、軽くされすぎてしまった失敗がトラウマになっていることが多いです。

 

だから、そのあとずっと重めにしている。

 

お客さま
1回すごい梳かれ過ぎちゃって、それからずっと重めにしてます…

 

 

重ためのヘアスタイルはツヤ感やラインなども美しくきれいです。

極端な話し、まったく軽くしなければ、それ以上重くなることはないので、慣れてしまえば楽かなと思います。

 

ですが・・・

それだとどうしても

見た目の野暮ったさや《変化・遊び・動き》が出づらいので、みんな同じに見えてしまうという側面。

つまり「飽きた」がいつかくるでしょう。

 

愛澤
髪が多くても、へスタイルはちゃんと楽しめますよ。

 

手間は増えるが緻密に切るのが望ましい!

 

では、どのように切るのが望ましいのでしょうか??

 

髪の減らし方というのは、切る美容師によってかなり違いが出ます。

 

髪の毛というのは、ざっくり切れば、ざっくりとした仕上がりに。

細かく切れば、ちゃんとそれなりの仕上がりになります。

 

愛澤
正直言うと細かく切るとカットの手数がかなり増えるので、お時間をいただく場合もあります。

 

こまかく均等に量感をそろえる

わざと重く残すところ軽くするところを考えてデザインする

 

そのように緻密にカットすることによって、完成度も比例して高くなります。

 

 

見た目はバサバサせず指通りも良い、さわると軽いし風で揺れ動く。

 

愛澤
僕自身こういう髪づくりが好きなのです。

 

ですから、髪が多くて困っている方にもお喜びいただいています。

 

 

外ハネカットで毛先がまとまらない。パーマせずに自然に内巻きにする縮毛矯正とカット

2018.04.28

重さと軽さのバランスを。

 

バサバサに梳かれすぎてしまった髪にはまとまりを。

 

重すぎて飽きてしまった髪には、繊細な軽さを。

 

    

 

 

愛澤
お家に帰ってからだと、なおのこと違いをわかっていただけるはずです( ´ ▽ ` )ノ

 

やっぱりカットがとても好きです。

 

お客さま
自分の髪じゃないみたい!

 

こんな体験を届けるために僕がいます。

ぜひお任せくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

 

こちらもおすすめ

 

「頭を小さく見せたい」を縮毛矯正×重軽ボブで解決☆

2018.05.27

野暮ったい髪型を縮毛矯正と、抜け感カットで解決!

2018.04.24

 



この記事を書いた人

愛澤直人
愛澤直人
「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。
原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。
骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。
ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。 原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。 骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。 ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。