【ヘアカラー】艶が出やすい髪色は 



こんにちは!

桜新町駅と用賀駅から徒歩7分

髪のお悩み解決に特化した完全予約マンツーマン制の美容室メルリヘアリビング』

美髪スタイルプランナーサトウヨウスケです。

【ヘアカラー】艶が出やすい髪色は 

「カラーする前は髪に艶があったのに、最近はパサパサしてるなぁー。」

 

そう思われたことはありませんか?

 

ヘアカラーをすると

髪へのダメージは免れません。

 

ダメージが進行すると、

髪は水分を保つことができなくなりパサパサします。

 

ですが「ヘアカラーをしない方がいい。」

ということではありません。

 

その人にあったヘアカラーをすると、

 

◎印象が明るくなったり、

◎肌が綺麗に見えますので、

 

ヘアカラーは、

人の印象を変える大きな武器になります♪

 

僕は髪質に合わせて、

 

艶が残せる範囲内で

ヘアカラーを楽しむことをお勧めします。

 

アイロン、ブラシを使えば艶が出るのは当たり前ですが、

ドライのみで艶のある髪がお勧めです♪

艶感を演出するには明るさが大切

髪のダメージに差がなくても、

 

明るさによっては

髪が傷んで見えてしまうことがあります。

 

こちらをご覧ください♪

 

どうでしょうか。

 

右側が艶のある印象に見えませんか?

 

スタイリングをしていますが、

 

僕は【暗めの髪色】が艶髪を演習すると考えます。

 

具体的には、

5〜8トーンの明るさをお勧めします。

 

髪質によっては8トーンに染めても、

 

色落ちしてトーンが上がってしまってしまう可能性がありますので、

 

色落ちして8トーンまでの明るさになるようなカラーがおすすめです。

 

髪質によって褪色具合が異なりますので、

細かな部分はお任せ下さい♪

 

また毛先までのフルカラー後に、

 

新しく伸びてきた部分のみを染めていく、

 

リタッチカラーがおすすめです。

 

カラーした部分を

何度もカラーしすぎてしまうと、

 

髪のダメージが蓄積してしまうので、

 

1度カラーした部分を避けておくとダメージが抑えられます。

 

さらにカラー後は、

髪に残留してしまう悪性物質の除去をします。

 

この悪性物質を除去しないと

髪は傷み続けてしまうので、

 

必ず除去するべきです。

 

ダメージは直すことはできませんので、

 

このような薬剤のダメージサポートや、

 

ダメージレベルを見極めての

ヘアスタイル提案が大切だと思っています。

 

髪をケアすることは大切ですが、

 

そもそもダメージさせないことが

艶髪を創るために大切です。

 

自分の髪に艶を出すためには、

「どうすればいいのかわからない。」

 

そんな方は是非ご相談ください★

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

黒髪にはしたくない『暗め、落ち着いた雰囲気の上品なヘアカラー』

【ヘアセット・スタイリングに自信がない】そんな方は美髪プランナーにおまかせ♪

2018.05.23

ご予約情報

こちらをタップしてください↓↓

 

ご登録いただけますと、

サトウのご予約が可能になります

《4ヶ月先までのご予約を承ります》

 サロン情報

「サトウヨウスケ」プロフィール

【メニュー&料金】

【サロン情報&アクセス】

おすすめ 記事

【サトウのブログ】

更新率高いのでブックマークお願いします♪

 

この記事を書いた人

サトウ ヨウスケ
サトウ ヨウスケ
美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後もその実績から最年少で海外のヘアショーやカットスクールに参加。都内近郊3店舗を経て2017年3月からメルリヘアリビングに加入。美しい髪とヘアスタイルを提案し、お客様の人生をサポートさせて頂きます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後もその実績から最年少で海外のヘアショーやカットスクールに参加。都内近郊3店舗を経て2017年3月からメルリヘアリビングに加入。美しい髪とヘアスタイルを提案し、お客様の人生をサポートさせて頂きます。