縮毛矯正をやめたい方へ。クセ毛を上手く扱って素敵な髪型へ。



さて本日は、縮毛矯正をやめたいと思っている方への記事です。

・縮毛矯正をしてから半年経ったけど、縮毛矯正をやめるか悩んでいる
・私のクセでも、本当にやめれるのかどうかわからない。

 

この記事ではそのような、縮毛矯正をやめたい方向けの解決策をお話ししていきます。

書いてる人

原宿/GO TODAY SHAiRE SALON


愛澤直人(@thezazawa)

 

縮毛矯正をやめたい理由は??

 

愛澤
ではまずはじめに「縮毛矯正をやめたい理由」としては、どんなお声があるのでしょうか?

 

ここから下は、実際によく聞くお客様の声です。

縮毛矯正をやめたい理由
  1. ずっとストレートだと変わりばえしないし、飽きた。
  2. 「これから先も矯正をかけ続けなきゃいけないかな。」そう思うと、面倒に感じてきた。
  3. カラーリングもしてみたいけど、矯正をしてるからダメージすると思ってやってない。
  4. バッサリ切ったらヘルメットみたいな髪型になってしまった。

 

どんなデザインも「メリット・デメリット」それぞれがありますが、ここで挙げたのは飽くまで縮毛矯正のデメリットとしての側面。

実際にカウンセリングでお話しを聞いていると

お客さま
自分のクセ毛も活かせるのかどうかわからない。

どうやってやめていくか分からない。

こんなお声をよく聞きます。

 

自分のクセは本当にいかせるの??

 

なので「そんな簡単にやめれるのかな?クセって本当に活かせるの?」っていう不安もありますね。

そのイメージも自分だけではつかないから、これを読むあなたもこのページにたどり着いたのだと思います。

 

今回、初来店のBさまもそうです。

 

Bさま
胸まであったロングだったんですけど、バッサリ切ったらおかっぱというか、ヘルメットみたいな髪になってしまってずっと縛ってます。

本当は短い髪も好きだから、ショートにもしてみたいんです。

ということで、カウンセリングした結果、Bさまの要望がこちら。

 

Bさんのオーダー
  • ただ切りそろえられれる感じがして気に入らない。
  • 活かせるクセなのかどうか分からない。
  • 本当はショートヘアが好き。

 

ではここで、もう少し詳しく髪型を見ていきましょう!

 

いわゆるワンレングスというスタイルですね。

このスタイルは落ち着いて見える反面、ちょっと味気ない感じもします。

ショートへが好きな人だったらなおさら、物足りなさを感じるでしょう。

 

矯正は半年前にしたということでしたので、どういう状態になっているかというと

後ろのクセは確かに強めではありますが

※赤線が矯正した髪とクセ毛の境界線。

表面は実はそれど強くありません。どこからが境目なのか分からないくらいです。

 

1回で縮毛矯正を卒業しようとするなら、ベリーショートくらいかなり短くしないとストレート部分がなくなることはありません。

愛澤
思いっきり短くしても良いのですが、話し合った結果時間をかけて理想のスタイルをつくっていくことに。

 

さきほどの図でもわかるように、実は表面の髪の毛は、むしろストレートかけなくても良いくらい、そこまでクセが強くありません。

愛澤
でも自分だけじゃ気づかないところでもあるんですよね。

 

脱縮毛矯正後のメリットと、注意点

 

ではここで、脱縮毛矯正ができた後に得られるメリットをご紹介。

縮毛矯正をやめることで得られるメリット
  1. 美容室に滞在する時間がぐっと縮まる。
  2. 動きのある髪や、ショートスタイルが好きな人にとって相性が良い。
  3. スタイリングがかなり楽になる。
  4. クセ毛は活かせるとむしろ「髪型素敵ですね」と言われることが多くなる。
  5. ダメージが極端に減るので、カラーリングも楽しみやすい。

こうなるとライフスタイルも変わってきますよね。

セットの仕方やおしゃれに見せるコツもあるので、それは必ずお伝えしています。

 

自分でどこまでできるかが大切

 

そしてここで、1つだけ大事なことを聞いています。それは

「毛先はご自身で巻けるかどうか?」

これを必ず確認しています。

 

これは何故かというと、毛先にストレートが残っている状態だと、乾かしただけで良い感じにまとまるのは難しいからです。

それに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

愛澤
つまり朝のスタイリングの時間に、ひと手間加わってしまうということです。

Bさま的にも「自分で巻けるし、時間の余裕もある!」

ということでしたので、あと3回くらいのご来店で

縮毛矯正をやめてクセを活かしたスタイルにすることを目指しました。

 

愛澤
Bさまの場合夏に始めたとしたら、冬前くらいにはクセを活かした自分髪になっているはずです☆

 

ひとまず、本日の仕上がりはこちら!

 

 

自分でできる範囲ワンカールをコテで巻いて、表面は部分的に縦に巻いています。

今っぽい質感になるようバームを揉み込んで、セットは終了です☆

 

今回得られたメリットとしては「スタイリングのセットのしやすさ・やりやすさ」

これは感じていただけたはずですd( ̄  ̄)

 

まとめ

 

クセ毛に悩む方は「私のクセはいかせないと思う…」そう思い込んでいる方もいます。

ですが実際は

愛澤
気にしているほどクセは強くないですし、いかせますよ。

 

そのように、お伝えしていることがほとんどです。

最初はみなさん、半信半疑ですけどね。(笑)

 

これに関しては、ある程度は写真でも判断がつくところでもあるので

少しでも「相談してみようかな」と思った方は、下記のフォームよりぜひお問い合わせくださいませ!

 

力になりますよd( ̄  ̄)

ご予約/ご相談

ご予約やご相談はこちら

↑こちら↑タップ(クリック)すると

予約ページに移ります!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 



 

 

この記事を書いた人

愛澤直人
愛澤直人
「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。
原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。
骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。
ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。 原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。 骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。 ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。