【ダメージレスな縮毛矯正!?】そんなものはあり得ない??



巷で横行してる・・・

 

髪質改善という名の髪質改悪

 

ダメージレスな縮毛矯正という名の中途半端な縮毛矯正

 

これに惑わされないでくださいねー!!

 

縮毛矯正もダメージはするし・・・

 

髪質改善も下手したらただのダメージをさせる原因になってしまうかもしれません。

 

こんにちは♪

東京・用賀、桜新町で綺麗なヘアスタイルで素敵なヘアスタイルをご提供がテーマ

髪質美人の錬金術師

チダヨシヒロです。

初めての方は必ず、こちらの記事をご覧ください☆

↓↓↓

チダヨシヒロ自己紹介&信念☆

2018.04.13

【必読】初めてメルリにてチダヨシヒロが担当するお客様必見記事☆

2018.03.14

 

ダメージレスはあり得るのでしょうか??

 

お客さま
インスタやグーグルでダメージレスな縮毛矯正というのをよく見かけるのですが・・・

本当にダメージレスなのでしょうか??

“チダ”
まず、あり得ないです!!

ただの誇大広告にすぎませんので、、、

どうか騙されないでくださいませ・・・!!!

 

 

ダメージレスなものなんて存在しませんよ☆

縮毛矯正は薬剤・熱を利用する技術なので、間違いなくダメージします。

 

カラーも薬剤によってキューティクルを開いてダメージ・・・

 

パーマも内部の結合を切るので薬剤のダメージ・・・

 

あのヘアマニキュアでさえも酸性によるダメージに繋がります・・・

 

さらに細かく言うのであれば、コームを髪に通しただけでもキューティクルの損傷に繋がってしまうのでダメージです。

 

ブラシはもちろんのこと・・・

 

ましてや、

ケアブリーチやら◯◯◯◯◯◯酸をし使用してるテクスチャーなんちゃらと言うメニューもダメージの根源!!!

 

名前がややこしいのです:(;゙゚’ω゚’):

 

手触りが良くてでダメージを感じないだけで・・・

 

内部はとんでもないことになっていたりします・・・。

 

その手触りの良さがダメージレスといってしまうんですね。

 

正直なところ手触りの良さは皮膜によって簡単に作れてしまうものなので

 

手触りが良い=ダメージレス

となってしまうのは非常に安易な考えなので注意が必要ですよ!!

 

 

 

ダメージレスは理想郷ではあるが現代の科学では不可能

 

ダメージレスという響きは非常によく聞こえてしまうのですが・・・

 

上記の内容でどれだけダメージレス今の科学では不可能なのかご理解いただけたと思います。

 

でもダメージレスを夢見て取り組んでるのは当たり前なんですが・・・

 

不可能・・・

 

なら!!!

 

必要なのは

 

ダメージを如何にして減らせるか

ダメージを最小限に抑えて施術できるか

ミニマムダメージにすることができるか

(レスではなくミニマムというところが大事)

 

この部分の意識が僕ら美容師側にとって大切なことかと思います。

“チダ”
ので、僕はダメージすることは当然と思いながら技術をします。

この意識ってものすごく大切なんです。

 

“ダメージレスマン”
全くダメージしないから大丈夫ですー!!ダメージレス☆縮毛矯正しましょー!!

というよりも・・・

“ダメージする事前提マン”
縮毛矯正はこんなダメージをするからこんな処理剤と技術で回避しよう・・・

という美容師さんの方がいいですよね。

 

この意識の差が後に大きな髪へのダメージレベルの差となります。

 

なので、僕は完全に後者の美容師となりますね♪

 

 

ダメージレスではなくダメージをミニマムに抑えていくのに僕が意識してる事

 

まずは

①当たり前にダメージをするという事実を理解する事

 

これは上記でもお話ししてるので、もうお分かりになられてると思います。

 

 

②そこがどんなダメージをしてるのか??というしっかりと診る眼

どんなダメージを受けている髪なのか?

アイロンなどのタンパク変性?

過度なカラー?

縮毛矯正の薬剤によるダメージ?

そんなところを診れる判断能力。

 

よく、病院でする診察のようなものですね。

 

そこで触診や視診、聴診をしてくことはとても大切なのです♪

 

 

③しっかりと診て、そこから如何にしてダメージをミニマルに抑えつつ綺麗に魅せていくにはどうしたらいいのか??

しっかり診たので次ダメージを抑えて綺麗にする策を練るのです。

 

この薬剤はこんなダメージを引き起こしてるから・・・これが必要で

 

毛髪の状態が日常的なアイロンの熱のタンパク変性だから・・・この成分が効くかな

 

という感じで綺麗に見せための方程式を作ります◎

 

④最後にそれを実践していく技術☆

 

知識ばかりあっても仕方ないのです。

 

その知識を最大限に活かす事ができないと知識が宝の持ち腐れになってしまいますからね!!

 

如何にして慎重かつスピーディーな技術ができるかが問題です♪( ´▽`)

 

このお話はこちらの記事とも関連性が非常に高いので、

こちらを読んで損はないですので是非、ご覧ください。

↓↓↓

【本当の髪質改善】髪質改善について徹底解説☆

2018.05.31

髪質改善とは??【髪質美人の錬金術師の本音】

2018.04.21

 

チダ的ダメージレスまとめ

 

ダメージレスはありえない!!!

 

ありえないからこそ、ダメージを如何にミニマムに抑えることができるか??

 

が最大の鍵☆

 

ダメージを抑えていくことが美髪への最大の近道♪

 

 

そして、、、

 

最後に・・・

 

ダメージレスの「レス」って何て意味なのでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

:(;゙゚’ω゚’):・・・・!!!

 

 

 

そもそもの僕らがわの捉え方が間違ってたのかもしれません。。。:(;゙゚’ω゚’):

 

 

 

「全くない」という意味ではなかったのですね・・・www

 

 

ということはダメージレスも間違いではない??

 

 

言葉には惑わされないように注意しましょうね!!!w

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

こちらの記事もオススメ☆

【ダメージレスな縮毛矯正!?】そんなものはあり得ない??

2018.06.02

【本当の髪質改善】髪質改善について徹底解説☆

2018.05.31

髪をすきすぎてしまった時の最高の改善法☆

2018.05.05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

チダ ヨシヒロ
チダ ヨシヒロ
【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。
2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。
綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。 2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。 綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。