【アッシュ系のカラーは色落ちしやすい?】色落ちしない方法をご紹介します



【アッシュ・グレージュ・ブルージュで染めたらすぐに色が落ちた!?】

 

綺麗なカラーで染めたら

 

その色をキープしたい!!

 

これは誰でも思うことですね。

 

今回は色もちに関する内容でお送りします。

 

“H様”
とにかく色が落ちるのが早いので、色落ちしないカラーにして欲しいです!

 

“チダ”
色落ちしやすいカラーとそうでないカラーがありますからね。そこからしっかりとしていきましょうか!!

 

こんにちは♪

綺麗なヘアスタイルで素敵なヘアスタイルをご提供がテーマ

髪質美人の錬金術師

チダヨシヒロです。

初めての方は必ず、こちらの記事をご覧ください☆

↓↓↓

チダヨシヒロ自己紹介&信念☆

2018.04.13

【必読】初めてメルリにてチダヨシヒロが担当するお客様必見記事☆

2018.03.14

 

ご予約・ご相談はコチラよりご連絡ください☆

↓↓↓

 

 

カラーの色味には入りやすい色、入りにくい色(残りやすい色、残りにくい色)が存在してる

 

実はカラーの色味によっては入りやすいもの

入りにくいものがあります。

 

それをわかりやすくまとめた図がこちら

↓↓↓

外側のブルーの方が入りやすく

内側のヴァイオレットに向かうほど入りにくくなるという図です。

 

というとは・・・??

 

入りやすいカラー=抜けやすいカラー

 

っていうことと同じ意味を持つことになります。

 

なので、ブルー系やマット系の方がカラーの反応も早く染まるのも早いのです♪( ´▽`)

 

 

反応が早く、すぐ染まるものほど毛髪の外側に染まる傾向が強いのです。

ゆえに色味をしっかり残すのであれば赤味を上手く付き合って行けるような染め方望ましいですよ。

 

 

 

 

 

最近流行っているアッシュ、グレージュは抜けやすい??

 

最近のアッシュやグレージュなどと言った、

いわゆる、赤味消し系のカラーは正直ところ抜けるのが早いです。

 

 

最近多い寒色系のカラーというのは

寒色というほどなので、ブルー系などの涼しい色が多いです。

そして、赤味消しの効果としてマット系が入ってます。

 

それを先ほどの図で見てみると・・・

 

ほぼ、毛髪の外側で1番染まりやすい部分しか染まってないのです。

 

つまりはすぐにカラーが色落ちしてしまうことが考えられるのです。

 

 

アッシュやブルー系、マット系は発色が早いです。

だからと言って15分ほどでカラーを流してしまうのは危険。

カラーが定着しきっておらず、さらに色落ちの原因になりかねません。

カラー剤のチカラがきっちりと発揮される30分以上は置くことがベストと考えます。

 

 

 

 

色持ちが良いカラーはブラウンとお友達☆

 

日本人の髪の場合必ず、

メラニンが存在しており、これが髪が黒い理由です。

そして、この日本人が多く持つメラニンは黒茶っぽいのです。

 

 

そのブラウンはどこに位置してるのか??

 

1番奥に存在してます。

 

 

つまりは・・・

 

このブラウンを打ち消してしまうのではなく・・・

 

協力体制を持って染めていけば

 

色持ちの良いカラーができるのでは・・・!?

 

となるんですねー♪

 

 

“ゲスト様”

このブラウンや赤味があるから綺麗な色味が出ない!!!

赤味を打ち消して!!!

というお声もいただいたりするのですが・・・

“チダ”
このブラウンがあるから色持ちも良くなるし、赤味やオレンジがあるからクリアな色味が出たりするのです。

なので、悪者みたいに扱わないであげてくださいね☆

 

カラーにとってはブラウンは色持ちに大きな影響を与えます。

そして、赤味やオレンジがクリアな色味を出すとありますがこれはブルーやマット系ばかりを入れても色が濁ってしまうだけで綺麗な色味になりにくくなってしまうのです。

なので、ブラウンや赤味、オレンジなどと上手く付き合って行くのが色持ち良く綺麗なカラーにするコツなのです。

 

 

ブラウンと上手く付き合って染めるとこんな色持ちが良くなります。

 

【H様初のご来店時】

前回僕がカラーをして・・・

からの

 

 

【今回のご来店時(2回目)】

どうでしょう??

 

かなり色持ちしてるようには見えませんか??

(カットはまだまだ伸ばし中で伸ばしやすい髪型へシフト中)

 

 

 

 

 

ここからさらにカラーの持ちを良くするには・・・???

 

どうしたらいいのか??

“チダ”
前回ほどは色落ちが見られませんが、今回もしっかりと色を入れて次回からはリタッチでいけるくらいにしましょうか。

毎回毛先までカラーしていたらダメージが蓄積されてしまうので

リタッチで毛先を休ましてあげることも必要なのです。

 

 

今回もブラウンと上手くお付き合いしながら染めていきます☆

 

使うカラー剤は・・・??

 

イルミナ??

イルミナカラーの危険性・・・???

2018.05.02

 

いえいえ、今回は発色重視というよりも持ち重視の考え方なので、

 

イルミナではない路線で考えます。

 

なので、今回は・・・

圧倒的「染みない」「におわない」「ツヤ感」+頭皮がピリピリ感じないカラー。

2018.03.16

こちらメインで染めていきます♪

 

これでグレイカバーもいけます。

 

が、ちょっとヴァイオレット感が強すぎる。

 

というところでブラウンさんが登場するのです◎

 

そのチダミックスで染めて時間をおくこと30分。

 

するとこんなカラーに仕上がります。

 

 

どことなく柔らかさを感じますね。

 

 

この柔らかさもブラウンの恩恵なのです。

 

 

そして、前回のカラーからブラウンは仕込んでありますので、

 

前回よりも色持ちすること間違いなしのカラーですよ☆

 

 

今日のカラーも綺麗!!

と喜んでくださいました(*´∀`*)

 

 

そのあと、旦那様がお見えになり2人幸せそうにされていて、、、、

 

こちらも幸せな気持ちになったのは言うまでもありませんwww

 

 

この調子で染めていけば次回かその次くらいにはリタッチで乗り切れるくらいには

 

色落ちはしてないはずです。

 

そのためにはホームケアなども大切になってくるのですが

 

まずは土台をしっかりすることが大切ですからね!!

 

確実に結果は出てますし、

 

これから先の季節海に行ったり紫外線であったりと

 

様々な色落ちの要因になりえるものが多くはなりますので、

 

色持ちを良くしたい!!

とおうケースの場合はご相談くださいね◎

 

 

こちらの記事もオススメ☆

【ダメージレスな縮毛矯正!?】そんなものはあり得ない??

2018.06.02

【本当の髪質改善】髪質改善について徹底解説☆

2018.05.31

髪をすきすぎてしまった時の最高の改善法☆

2018.05.05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

チダ ヨシヒロ
チダ ヨシヒロ
【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。
2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。
綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。 2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。 綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。