パサパサにすきすぎてしまった髪を改善していく【前編】



スカスカに梳かれてしまった…

 

 

こんな筈では、、、

 

 

今思えば、

 

美容師さんがジャキジャキカットしまくっていました。。。

 

 

どうにかしてください!!

 

 

 

こんにちは♪

 

綺麗なヘアスタイルで素敵なヘアスタイルをご提供がテーマ

 

美髪の錬金術師

 

チダヨシヒロです。

 

 

初めてメルリにいらっしゃる方必読記事です☆

 

初めての方は必ず、こちらを読んでください。

↓↓↓

【必読】初めてメルリにてチダヨシヒロが担当するお客様必見記事☆

 

 

 

LINE@ボタンでラクラク予約

《LINE@の友だち追加ボタンが実装してます》

友だち追加

↑↑↑

ブログの確認や予約メッセージの送受信が簡単にできるようになりますのでスマホでご覧になられてる方は是非、ご登録くださいね♪

 

 

 

 

 

一回のミステイクが命取り・・・「すきすぎてしまった髪」

 

 

行く時間がなくて、、、

 

近所のサロンにカットだけで、、、

 

カットモデルで、、、

 

それが全ての元凶の始まりでした・・・:(;゙゚’ω゚’):

 

 

恐らくですが、、、

 

 

この世の中には

 

・スカスカに梳かれてしまってまとまらない!!!

 

・扱いにくい!!!

 

・結んでもアホ毛が出てくる!!!

 

・結ばなくても表面にアホ毛が!!!

 

とお悩みの女性は多いのではないか??

 

 

とチダは思います。

 

 

これはもちろん髪質や普段のヘアケア方法は影響してますが、、、

 

 

それでもその影響力は数%

 

 

後の99.999999999999999%は

 

 

美容師の責任と僕は考えます。

 

 

当たり前です。

 

担当してる美容師がホームケアのやり方までお伝えしないのはおかしい…( ゚д゚)

 

 

そこまで責任持って向き合わなければならないのが美容師。

 

 

 

 

言っても

 

美容師にも様々なタイプがおります。

 

美容師のざっくり2パターン

 

これは僕の経験談ですが、、、

 

①美髪タイプ

1つは僕らのような綺麗な髪質や、

 

いわゆる美髪を主としてデザインしていくので基本的な重さはしっかりと残しつつなタイプ。

 

このタイプは家での再現性が高いです。

そんなに難しい仕上げ方はしないので、アイロンを使用してもあっさりワンカールくらいです。

とにかく、綺麗な髪質でありたい方は絶対にこちら。

 

 

 

 

➁デザイン性束間タイプ

もう1つはデザイン重視というか、、、

 

アイロンやコテなどを多彩に使用していくことにフォーカスされていて

 

仕上げは絶対にコテやアイロンが入るのでその束間を作るために軽めに仕上げていくタイプ。

仕上がった瞬間の華やかさは

 

やっぱり可愛いです。

 

しかし、複雑なコテさばきをするので再現はなかなか上手くいかないケース多いです。

 

 

特にサロンモデルの方々はとにかく軽めにされてる場合が多いですね。

 

それはもうジャキジャキのスカスカに。。。

 

それで、サロンモデルの子にどうしたらいいですか?と聞かれることも多数ありました。

 

 

その時は

 

「サロンモデルをやめるかカットは今後禁止にしたらいいですw」

 

ときっぱり言い放ってましたw

 

 

こんな2パターンで美容師っているんじゃないかなという僕の推測です。

 

が、

 

撮影も経験してきた上で

 

綺麗な髪質を作り出すということをしてるので、

 

案外、的を得てるのではないかなと思います( ´ ▽ ` )

 

 

そして、

 

皆様お分かりだとは思いますが

 

僕は確実に前者の綺麗な髪質を作り出すことに全力を注いでおります♪

 

 

 

 

それと美容室でのNGワード「軽くしてください」

 

 

 

これは安易に発してはいけない発言No.1です:(;゙゚’ω゚’):

 

 

このワード発してしまったがばっかりに

 

ジャキジャキ

 

ジャキジャキ

 

ザッッザッッ

 

シャシャシャー

 

 

と完成したのを見たら、、、

 

 

軽すぎる…!!!泣

 

というパターンを聞いた数はあまりにも多いです。

 

 

特に、

信頼関係を築けていない担当の方にこの発言は控えましょう。

 

信頼関係が築けてるハズの何年も通った美容室でも

 

「こんなに軽くなハズではなかったのに・・・」

 

と言われて駆け込み寺としていらして下さったお客様もいらっしゃる程です。

 

 

それほどまでに梳き好き美容師は多い??

 

 

いえいえ、

 

 

そんなことはございません。

 

 

まず、僕は

 

軽さを入れるという言葉が好きではありません。

 

 

軽い質感に魅せる

 

という事と

 

軽くする

 

というのは似て非なるものです。

 

 

なので、

 

軽さを入れるのではなく、、、

 

質感を入れてます。

 

 

 

例えばですが、、、

 

 

このパターン

 

軽さが欲しい!!

 

といつも通り、オーダーを受けてますが、

 

 

 

その実、、、

 

 

 

メインの軽さはこの丸枠のセクションにしか入れておりません。

(※セクション=カットするときに引き出すところ)

 

 

 

そこに入れるだけでも、

 

毛先ってこんな風に動きが出るものなんですね☆

 

 

なので、

 

僕は全体に軽さを入れるよりも

 

そのスタイルに合わせたものと

 

お客様が求めているであろう質感を狙ってカットをしていきます。

 

 

なので、

 

全体にジャキジャキと

 

スカスカになることはありませんし、、、

 

 

何よりも

 

僕はスカスカカットはやりません!!!

 

 

こんな感じではっきりとしておくとお客様も選びやすいかなと思いましたので、

 

 

1つの指針として

 

 

覚えておいてくださいね☆

 

 

次回はスカスカに梳かれてしまってパサパサになってしまった毛先の本気で修繕してみた編です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

 

 

スカスカに梳かれてしまって毛先がパサパサなどのカットのお悩みもご相談くださいませ。

こちらの記事もオススメ☆

 

【ダメージレスな縮毛矯正!?】そんなものはあり得ない??

2018.06.02

【本当の髪質改善】髪質改善について徹底解説☆

2018.05.31

髪をすきすぎてしまった時の最高の改善法☆

2018.05.05

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

チダ ヨシヒロ
チダ ヨシヒロ
【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。
2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。
綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。 2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。 綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。