【ブリーチの縮毛矯正】※細心の注意を払って・・・



【ブリーチに縮毛矯正はかけられる・・・??】

 

今回のお題は正直言って、、、

 

かなりタブーなお題ですね。

 

ブリーチ毛に縮毛矯正はかけられるのでしょうか??

 

そして、縮毛矯正をやる場合、ほとんどの美容室がお断りをするそうです。

 

何故断るのか・・・??

 

美容師からすると、基本的にやりたくないですよね。。。

 

 

もちろん、僕もやりたくありませんwww

 

 

 

こんにちは♪

綺麗なヘアスタイルで素敵なヘアスタイルをご提供がテーマ

髪質美人の錬金術師

チダヨシヒロです。

初めての方は必ず、こちらの記事をご覧ください☆

↓↓↓

チダヨシヒロ自己紹介&信念☆

2018.04.13

【必読】初めてメルリにてチダヨシヒロが担当するお客様必見記事☆

2018.03.14

ブリーチをするなら縮毛矯正はしないが基本

 

稀にですが・・・

 

“ゲスト様”
ブリーチ毛なのですが・・・縮毛矯正はできますか・・・??

 

というお問い合わせがありますが・・・

 

原則

 

できません。

 

 

できない。

 

というよりもしない方がいいです。

 

 

ブリーチをするのであれば縮毛矯正やパーマはしない!!

とご覚悟いただきたいです。

 

なので、

その逆も然りで

 

縮毛矯正をしてるのであれば、ブリーチはしない。

 

とした方がいいです。

 

 

それほどまでに縮毛矯正とブリーチは相性の悪いメニューなのです。。。

 

 

 

 

縮毛矯正とブリーチは美容室のメニューで1、2位のダメージレベルを争うメニュー

 

 

 

 

一般的にブリーチが最もダメージするものと言われることが多いですが・・・

 

縮毛矯正のダメージも相当なものです・・・

 

どちらの方がダメージがるというと、どちらもダメージを伴う事は間違いありません。

 

そもそも、

 

  • ダメージレス縮毛矯正
  • ダメージ◯◯%カットブリーチ
  • ケアブリーチ

 

などの広告は沢山見ますが・・・

 

 

ダメージレスなものは存在しませんし、

 

ブリーチのダメージを◯◯パーセントカットしたとしても、

 

ブリーチをしたという事実は変わりませんし、

 

酸性ストレートだからと言ってダメージが全くないわけではない事を

 

ご理解いただけたらと思います。

 

 

この世に

 

ダメージレスなパーマも

 

ダメージレスな縮毛矯正も

 

ダメージをケアしてくれるブリーチも

 

存在してませんよ♪( ´▽`)

 

できる事はいかにして

 

ダメージを抑えることができるか??

がポイントかなと思います。

 

ダメージレスという言葉に踊らされてしまうことがないようにしましょうね。

 

 

 

 

毛髪の限界値は決まってますよ!

 

 

今回のゲスト様

 

“チダ”
これはブリーチ何回ですか??

 

“N様”
毛先の方は8回くらいです。根本は1回しかしてません。

 

 

この赤線の部分はブリーチ8回ほど入ってるみたいですね。

 

さらにこの赤丸部分は縮毛矯正もしたことがあるとか・・・・

 

ブリーチ8回+縮毛矯正は恐ろしすぎるので・・・

 

絶対に触れてはいけません。

 

 

ここに薬剤がつくことですら恐ろしいので、完全ブロック。

 

 

なんとかいけそうな根本の部分だけかけることでご了承をいただきました。。。

 

 

 

仮にこの毛先まで薬剤を塗布してしまうと間違いなく取り返しのつかないことになります:(;゙゚’ω゚’):

 

 

僕はそんな危ない橋を渡らずに確実に綺麗にしていけることをチョイスして行きたいので、

 

 

基本的にそんな無理はしません。

 

なので、

今回も根元のみです。

 

 

正直根元だけの部分でもブリーチが入ってるのでハードルは高いのです。。。

 

 

 

今回のブリーチ縮毛矯正はこれが限界・・・

 

 

 

 

 

 

 

なんとか根元のみであれば、、、

 

クセをおさめる事はできました。

 

 

ですが、、、

 

問題点は多く残りますね。

 

ここまで毛先がブリーチを繰り返していると完全なる不可侵状態です。

 

 

ブリーチをしてると綺麗になるまでの道のりが長い

 

 

今回にケースがまさにそれになるのですが、

 

 

ブリーチをしてると綺麗になるまでの道のりがものすごく長いです。

 

 

綺麗になったにはこの部分。

 

ここの部分はブリーチ+縮毛矯正が入ってます。

 

ここが毛先まで来るときに綺麗な状態を保つことができてるのか???

 

という問題が出て来るんです。

 

 

僕が最終的にしたいと思う

 

綺麗な髪質にして素敵なヘアスタイルをお届けするのが宿命と感じてますので、

 

綺麗な髪質からはずーっと遠いところになってしまうんですね:(;゙゚’ω゚’):

 

なので、

 

縮毛矯正をするのであればブリーチはしない。

 

ブリーチをするのであれば縮毛矯正をしない。

 

 

という点を覚えていてくださればと思います。

 

 

決して、ブリーチを否定してるわけではありません。

 

 

なぜなら、、、

 

僕もブリーチでデザインカラーなどをすることもあるからですwww

「ユニコーンカラー」

でググると上位に出てきます。笑

 

メルリに入ってからはブリーチをすることは減りましたが、

 

もともとはカラーも得意ですので、ブリーチの良さも重々理解してます♪( ´▽`)

 

ですが、

 

綺麗な髪質にしたい場合は待ったをかけた方がいいですよー!

というお話でした☆

 

 

ブリーチ毛を朱蒙矯正したいという場合は・・・

 

ブリーチ毛だけどどうにか綺麗にしたい。。。

 

縮毛矯正をかけたい・・・

 

という場合は一度しっかりとカウンセリングをさせていただけますと幸いです。

 

僕は

ブリーチ毛でも簡単に縮毛矯正できます!!!

と簡単に言えませんので・・・

 

しっかりとカウンセリングをさせていただいた上でリスクの少ない選択肢でやって行きたいと思ってます。

 

その上でお客様にご負担をおかけしてしまうかもしれませんが、

 

難しい技術ですので

 

ご理解くださいませ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

こちらの記事もオススメ☆

【ダメージレスな縮毛矯正!?】そんなものはあり得ない??

2018.06.02

【本当の髪質改善】髪質改善について徹底解説☆

2018.05.31

髪をすきすぎてしまった時の最高の改善法☆

2018.05.05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

チダ ヨシヒロ
チダ ヨシヒロ
【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。
2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。
綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【美しい髪こそ最高のヘアスタイル】をコンセプトに髪質改善師・縮毛矯正師と活躍する傍ら、撮影・ヘアメイク・ヘアショーメーカー公認のケミカリストとしても活躍。 2018年3月よりメルリ史上最高戦力としてメルリに加入。 綺麗な髪質で素敵なヘアスタイルライフを提供し続ける。