「長さを変えずに整えるくらいに切る」とは、どれくらい切ることなのか。ミディアム編



さて本日は、「長さを変えずに整えるくらいに切る」とは、どれくらい切ることなのか?

実例を交えての紹介記事です。

 

ざっくり言うと
  • 長さを切ったりスタイルを変えることだけが、カットじゃない。
  • 実はスタイルチェンジするときに比べ、カットの手間は変わらない。
  • 細かな毛量調整と、まとまりやすさ、バランス、生活の中での馴染みが大切!

 

こんにちは!

JR【原宿駅】からそれぞれ徒歩4分

GO TODAY SHiARE SALON

キレイな髪からはじめる“LIFE DESIGN”

愛澤直人です(@thezazawa)

ご予約に関して

ご予約やご相談はこちら

↑こちら↑タップ(クリック)すると

予約ページに移ります!

 

長さを変えずに切る。キレイに伸ばす計画。結婚式を1年以内に控えて。

 

さて本日は、長年担当させていただいているHさんご来店でした。

Hさん
正直まだまとまってたから、もうちょっと先でもよかったんだけど(笑)

 

愛澤
ふむふむ。そうですね。でもちょうどいい切りどきだと思いますよ☆

 

根本のカラーも気になり2ヶ月ぶりの来店です。

 

 

 

 

セットは特になにもしてない状態でご来店でした。

髪のコンディションも良いですね。そして近々結婚式をあげる予定だそうです。

 

おめでとうございます☆

人生の最高の瞬間、髪も美しくキレイでいたいのは当たり前ですよね。

 

 

愛澤
もちろんですが、自信を持って当日迎えられるよう、キレイな髪づくりのサポートさせていただきます。

 

一生の思い出としても残るイベントですから、圧倒的にキレイなツヤ髪を目指しましょう☆

 

整えるくらいに切るとは、どれくらい切ることなの?

 

愛澤
長さ切らずに整えるとか、雰囲気帰るってどゆこと?って思いますよね。

 

美容室でも「整えるくらいで」と、オーダーした経験のある方もいると思います。

今回は、私なりの整える程度のカットについてお伝えしたいと思います。

どんなスタイルでもそうですが

「伸びてきたなぁ切りたいなぁ。」と感じるのは、髪を触ったときや鏡に映る自分をみたとき。

そんな時にきっと

「長さは変えたくないけど、なんか変えたい。」ってなりますよね。

 

愛澤
その「なんか変えたい」叶えます。お任せください。

 

細かな毛量調整。重さ×軽さのバランスと、二面性を大切に。

 

まず整えるときに私が考えるのは髪の量と、カタチの調整、そして顔わまりのデザインです。

  • まとまりを重視したいところ
  • 動きを出したいところ
  • 顔周りの髪(正面からの印象:小顔に見せるなど)

 

これらを区別した上で

 

簡単にまとまってセットもしやすい。

ヘアスタイルに対するベストなバランス調整。

 

こうなるようにように手を加えていきます。

 

で、さきほどのご来店時の状態でいえば

  • カタチがのっぺりしてきて、動きが出ずらくなっているところ
  • 伸ばしていくので、あまり手を加えてはいけないところ。

 

があります。

 

【ざっくり図解】

  • 青丸部分は短くせずに、量を細かく調整したり、ふわっとした軽さを出す。
  • 赤丸部分は髪の長さを左右するとこなので切りすぎNG。

 

愛澤
要するに「軽さと重さ」のバランスがとても重要です。

 

今回は顔周りはあまり変えなかったので、こちらを参考にしてくださいね。

 

整える程度と言葉にすれば

「サクッと切って終わりじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが

実はカットの手間や時間はあまり変わりません。(私の場合)

 

愛澤
整える程度のカットというのは、絶妙ななバランス調整が大切。。なので細か〜〜く調整します。

 

Hさん
愛澤さんって確かにいつもカットの時間変わらない気がします。

 

愛澤
手前味噌ですが、どんな方でも細か〜〜く切ってますからね。

 

細かく切る理由としては、シンプルに完成度が高まるからです。

 

ちなみに

「整えるくらいに軽くしてください」

この一言で、失敗してしまったとか、いつもと変わらなさすぎる!という声も聞きます。

 

髪をかきあげるとき、しばったとき、お出かけで毛先を巻く時。

生活の中のさまざまな場面で

「なんか今日いい感じ!」と思っていただけるよう、整える程度であっても、カットはかなり丁寧に切らせていただいてます。

 

⬇︎中央のバーを左右にしてご覧いただけます⬇︎

 

長さは変わらず、空気感やふわっと感が出たのわかりますよね?

小難しいセットはせず、簡単に乾かしてこれくらいです。

ご自宅で乾かしても、簡単にコテで巻いたりしても、やりやすさを感じていただけると思います。

 

愛澤
見た感じのビフォーアフターももちろんですが、まずやりやすさが絶対変わります。

 

 

1.5〜2ヶ月に1回のデザイン&ケアを

 

Hさんは特に目立ったダメージもないので、

今後もカットやカラーのメンテナンスを計画的に進めていきます。

 

結婚式でやりたいアップスタイルの髪型にするには、あともう半年くらい伸ばし続けると

どんなスタイルにも対応できるくらいの長さに近づくと思います☆

 

愛澤
一生に一度の大切な瞬間に携わらせて頂けることに感謝です(T ^ T)最高に良い色とツヤ感で本番を迎えましょうね^^b

ちなみにこのブログを書いてから、半年後の現在はここまで伸びました★

 

 

⬇︎中央のバーを左右にしてご覧いただけます⬇︎


 

きれいですよね。

極端なことしない限り、このままステキなツヤ感をまとったまま本番を迎えられると思います。

自分至上最高のツヤ髪で、本番をお迎えくださいね☆

 

  • キレイに伸ばしていきたい
  • 長さは変えずに雰囲気変えたい

 

こういう方の力になれますし、必ずステキにいたします☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 



 

この記事を書いた人

愛澤直人
愛澤直人
「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。
原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。
骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。
ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「美容師は知ってるけど、お客さまは知らないこと。」をムズかしい言葉を使わずにお伝えしています。 原宿「GO TODAY SHiARE SALON」美容師をしています。 骨格矯正や質感補正のカットを得意としています。 ダメージや髪質、クセ毛で悩んでいる方ご相談ください。あなたに最適な解決策をご提案いたします。