ヘアカラーダメージと上手く付き合うために『大切な3つのこと』



こんにちは!

桜新町駅と用賀駅から徒歩7分

髪のお悩み解決に特化した完全予約マンツーマン制の美容室メルリヘアリビング』

美髪スタイルプランナーサトウヨウスケです。

ご予約情報

《LINE@の友だち追加ボタンが実装されました》

友だち追加数

ブログの確認や予約メッセージの送受信が簡単にできるようになります。

初めてご来店いただく方は、こちらをご覧ください↓

初めてご来店されるお客様へ

が定休日になります。

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

【今週の予約状況】

7日 10時、13時30分

8日 10時、12時30分

9日 10時、16時30分

10日 14時、16時30分

11日 13時、15時30分、16時30分

12日 10時、12時30分、18時

他の日程、時間にも空きがありますので、

LINE@からのご連絡をお待ちしております。

ヘアカラーダメージと上手く付き合うために『大切な3つのこと』

ヘアカラーのダメージって

どうにかならないの!?

 

そう思われる人は多いですよね!

 

美容院で染めたら

 

綺麗な髪色♪

 

だけど

 

すぐ色が抜け、、。

 

気づけば

 

すごく傷んでる!!!

 

初めは綺麗に染まったけど

徐々に色が抜けやすくなって、

 

髪がパサパサ、

 

暗く染めても

すぐに明るくなる。

 

最近の流行を考えると

このような悩みが増えていると思います!

 

僕のお客様の中には

過去のカラーが原因で、

 

「もうヘアカラーはしたくない!」

 

そう言っている人もいるんですよね(泣)

 

とても悲しいです、、。

 

でも!

 

こちらでも説明している通り、

 

美容師によって考えが異なり、

 

ダメージと上手く付き合えば、

 

傷みを気にせずに、

 

ヘアカラーで楽しめるはずです!

ダメージを気にしないためには

まず大前提として

『傷まないカラー』というものはありません。

 

100%天然の植物を使った

ハーブがありますが、

 

黒髮をブラウンに染めるには

脱色は必要不可欠。

 

ですが最近では、

 

脱色力が強いカラーを使用して、

 

「傷まないカラーと説明された。」

 

そして結局、

 

髪が凄く傷んだ。

 

という声を沢山聞きますので、

 

 

『傷まないカラー』というワードは

気をつけたほうが良いかもしれません、、。

 

お客様からしたら

何を信じて良いのかわからなくなって、

 

カラーしたくなくなりますよね!

 

そこでダメージを気にせずに

 

カラーを楽しむ方法をお伝えしていきます♪

 

その①ダメージを抑えたカラーをする

◎ダメージを気にしたくない。

◎色んな色味で

楽しみたいわけではない。

◎黒髮には抵抗ある。

◎社則が厳しい。

 

【暗めのブラウンを楽しみたい】

 

そんな人にオススメなのは、

 

暗めのブラウンに染めて、

 

あとは新しく伸びてきた部分だけを

染め続けるリタッチカラーをする。

 

1度染めたところを

何度も薬剤を使用するわけではありませんので、

 

髪がボロボロになることはありません。

 

カラーにトラウマがある人は、

 

リタッチカラーをすることを

オススメします♪

その②ダメージを考慮してくれる美容師さんだけに任せる

先ほどもお伝えした通り、

 

美容師さんによって考え方が異なりますので、

 

担当する美容師がコロコロ変わってしまうと

綺麗な髪をキープすることは困難です。

 

 

そして

ダメージ知識に詳しく、

 

その人の毛髪強度を理解し、

 

ダメージ処理、サポートができる

『技術者』でしたら、

 

傷みを気にしない範囲で

毛先までのフルカラーを多めに楽しむことができます。

 

その③ヘアケアが大切!

美容院で高価な

ダメージ処理剤、サポート剤を使ったとしても、

 

◎毎日髪を乾かさない。

◎適していないシャンプーを使っている。

◎高温で過剰にアイロン。

など。

 

正しいヘアケアをしなかったら

綺麗になることはありませんよね!

 

ここで髪の基礎力が変わるので、

 

どんな技術ができるかも変わりますので

非常に大切です!!

 

 

この3つをしっかり考慮すれば

『ダメージ』に悩むことはないと思いますが、

 

結局は

◎どんな美容師さんに、

◎どんな薬を使ってもらって、

◎どんなケアのやり方を教えてもらうか。

 

人それぞれ髪質が異なりますので

ここに尽きると思います。

 

傷みが気になるけど

ヘアカラーしたい!

 

そう思われまいしたら

是非ご相談ください♪

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

おすすめ 記事

髪質改善と内巻き縮毛矯正↓

 

【初めての縮毛矯正】他店で断られたクセに悩む女子高校生を髪質改善♪

 

【縮毛矯正ショートヘア&ボブ】毛先を自然に内巻きにできるかが一番大切

 

ブリーチ毛に酸性矯正!2回目の施術は『美髪ヘアカラー』

 

サトウヨウスケの髪質改善とは

サトウヨウスケのブログ

この記事を書いた人

サトウ ヨウスケ
サトウ ヨウスケ
美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後もその実績から最年少で海外のヘアショーやカットスクールに参加。都内近郊3店舗を経て2017年3月からメルリヘアリビングに加入。美しい髪とヘアスタイルを提案し、お客様の人生をサポートさせて頂きます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後もその実績から最年少で海外のヘアショーやカットスクールに参加。都内近郊3店舗を経て2017年3月からメルリヘアリビングに加入。美しい髪とヘアスタイルを提案し、お客様の人生をサポートさせて頂きます。