【ブリーチしても縮毛矯正はできる!】ブリーチをしていなくても何度もカラーをやりすぎるとブリーチ毛と変わらない!?



こんにちは!

桜新町駅と用賀駅から徒歩7分

髪のお悩み解決に特化した完全予約マンツーマン制の美容室『メルリヘアリビング』

美髪スタイルプランナーサトウヨウスケです。

ご予約情報

《LINE@の友だち追加ボタンが実装されました》

友だち追加数

ブログの確認や予約メッセージの送受信が簡単にできるようになります♪

初めてご来店いただく方は、こちらをご覧ください↓

初めてご来店されるお客様へ

1月6日 満席。

7日 11時30分のみ。

8日 16時30のみ。

11〜14日にも空きがあります。

予約の空き状況が少ない日が増えてきましたので、

お早めにLINE@からのご連絡をお待ちしております。

【ブリーチしても縮毛矯正はできる!】ブリーチをしていなくても何度もカラーをやりすぎるとブリーチ毛と変わらない!?

インスタグラムや雑誌に載っているような

透明感あふれる髪。

 

外国人風カラーにしようと

美容院で(もしくは自分で)ブリーチをしてみると、

 

「髪傷んだなぁー。」

感じたことがある人って結構いらっしゃると思います!

 

「まぁ髪色楽しめたからいっか!」

思って美容院で縮毛矯正をしにいくと、

 

断られませんでしたか?泣

 

そう。

 

縮毛矯正の技術は難しいので、

 

髪のダメージレベルが高ければ高いほど、

難易度が比例して難しくなります。

 

ですのでブリーチを繰り返して

濡らすとトロトロになってしまうような髪に、

 

縮毛矯正の薬剤選定を間違えてしまうと、

 

髪の毛の死。

 

「ビビリ毛」になってしまうのです!

 

 

ビビリ毛とは、

 

元々健康だった髪でも過度なダメージにより、

 

タワシのような

ジョリジョリした髪になってしまうのです、、。

 

とても怖いですよね!

 

ですので美容師側も怖いので

薬剤パワーをかなり抑えて施術するのですが、

 

薬剤が弱すぎてしまって

髪がストレートにならない失敗も多いのです!

 

ですからダメージレベルが高いほど

縮毛矯正の難易度は大きくなり、

 

髪の未来も大きく変わるので、

 

縮毛矯正をする際には、

 

【縮毛矯正が得意な美容師を選ばなくてはならない。】

と思っています。

 

ブリーチしていなくても

ブリーチ以上のダメージを受けている場合が多い。

以前にもブログでお伝えしたことがあるのですが、

 

ブリーチをしていなくても

透明感が出やすいような強めのヘアカラーを繰り返していたら、

 

ブリーチしている髪と

ダメージレベルが変わらない場合が多いです。

 

むしろブリーチ以上に傷んでいることも多々あります。

 

プロでない人が気づくことはできないのですが、

 

ヘアカラーは

美容師さんによって使う薬剤、やり方が異なりますので、

 

髪を綺麗にしたい場合は

ダメージを考慮してくれる美容師さんにお願いすることも重要です。

 

先日ご来店いただきましたSさん♪

 

Sさんはインスタグラムを見てご来店いただきました♪

 

Sさんのお悩みは

髪のダメージが気になるので、

 

「2018年は綺麗な髪に改善していきたい」

とのこと。

 

そして髪質改善をして、

 

乾かしただけで

艶のある綺麗な髪になりたいとのこと♪

 

ですが僕の髪質改善は

その人に合わせた施術をお勧めしますので、

 

髪質改善でご予約いただいても

メニューを変更する場合も多いです。

 

必要のないメニューは無くし、

大切なことだけを提案したいからです♪

 

ですので初めて担当する時は

しっかりカウンセリングさせていただきます☆

 

まずSさんはブリーチをされたことがありませんが

ここまで髪が明るくなっています。

 

 

カラーをしてから色がおち、

 

金髪くらいまで明るくなっていましたら

ブリーチをしたダメージレベルだと思ってください。

 

今回の施術内容は

Sさんの髪はクセが強くはないのですが、

 

髪が広がりやすく、

艶感が出づらい状態。

 

ですので1回目の施術はカットと縮毛矯正により、

 

艶感がある扱いやすい髪に変えていきます☆

 

先程お伝えした通り

ブリーチ毛レベルの髪への縮毛矯正は

難易度が大きくなります。

 

そんな時の僕の施術は

『酸性縮毛矯正』をしていきます☆

 

酸性縮毛矯正とは

一般的な美容院でやる縮毛矯正の

殆どがアルカリ性。

 

アルカリ矯正もとても良い技術ですが、

 

酸性矯正の場合はアルカリ矯正より

薬剤ダメージを抑えることができます。

 

「じゃあ何で美容院でアルカリ矯正が多いの??」

と疑問ができると思いますが、

 

その理由は簡単で、

 

酸性矯正の技術が難しいからです。

 

酸性矯正に慣れている美容師さんは少数派ですので

どの美容院でもできる技術ではないのです。

 

ですが先日行われた【酸性矯正の勉強会】によって

直々に代表から細部のことまで教えていただいたので、

 

とても自信がついた技術になりました♪

 

 

では早速!

 

 

通常の縮毛矯正とは大きく異なる

メルリ式酸性矯正をしっかり行い、、、。

 

カットで整えて。

 

ざーっと乾かしただけの仕上がりがこちら♪

 

 

 

綺麗に伸びましたね♪

 

 

またアイロンを使えるSさんでしたので

簡単に再現できるように毛先だけ内巻きにアイロンして、

 

 

ウィービング部分などもありましたが、

 

何とか毛先までビビることなく髪質が変わりましたね♪

 

まず髪質を限界まで綺麗に見える髪に変えましたので、

 

次回は酸性矯正に合わせつつ、

できるだけ色落ちが少ないヘアカラーで

品のある雰囲気にすることがお勧めです☆

 

また1度大きなダメージを受けてしまっているので、

 

今後の施術、ヘアケア次第で

髪の未来が大きく変わります。

 

ダメージを無くすことはできないので

本当に綺麗な美髪にするには2年程時間が欲しいのですが、

 

今年の年末までには

限界まで美髪さを向上させますので宜しくお願い致します!

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

おすすめ 記事

【動画あり】ロングヘアであるピアニストの女性を『内巻き縮毛矯正+髪質改善』で艶のある綺麗で扱いやすい髪に変えます♪

【初めての縮毛矯正】他店で断られたクセに悩む女子高校生を髪質改善♪

【縮毛矯正】で内巻きに創る!愛され《ショートヘア・ボブ編》

サトウヨウスケの髪質改善とは

サトウヨウスケのブログ

この記事を書いた人

サトウ ヨウスケ
サトウ ヨウスケ
美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後もその実績から最年少で海外のヘアショーやカットスクールに参加。都内近郊3店舗を経て2017年3月からメルリヘアリビングに加入。美しい髪とヘアスタイルを提案し、お客様の人生をサポートさせて頂きます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後もその実績から最年少で海外のヘアショーやカットスクールに参加。都内近郊3店舗を経て2017年3月からメルリヘアリビングに加入。美しい髪とヘアスタイルを提案し、お客様の人生をサポートさせて頂きます。