切り除いて作るのでは無くいかに毛束一つ一つを綺麗に切り残せるか☆

最近カットをしていて意識していることは、

 

 

髪を切り除くことではなく、

 

 

髪をいかに綺麗に残せるか☆

 

 

こんにちは!

 

  

メルリの守部です☆

 

 

まずは記事を読む前にブログランキングに応援のクリックをお願いします↓↓

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村 

 

 

さて、、、

 

 

ここ数日特に何を狙ってってわけもなく、

 

 

ただぼんやりと僕のカットのことを書いていますwww

 

 

昨日までの記事↓↓

 

 

動いて軽くてまとまりやすくて扱いやすいカット技法のボブ☆ 

 

 

「重めが好き」だけど矛盾カットでつくるふんわり軽い重めミディアム☆

 

 

で、、、

 

 

↑↑の二つのスタイルには共通していることが合って、

 

 

それはここ最近僕がカットをする時に最も意識していることなんですね☆

 

 

それが、、、

 

 

ただ髪を切り除くのではなく、

 

 

いかに毛束一つ一つを綺麗に切り残せるか☆

 

 

美容師の人以外が読んだら、

 

 

「何??切り残しを量産してるの??」

 

 

って思われるかもですねwww

 

 

これは正確に言うと、

 

 

髪を切って形をつくるのはできて当たり前で、

 

 

今目の前にある素材(髪)の、

 

 

毛束一つ一つを綺麗に残すような最小限のカットができるか?

 

 

なんですけど、、、

 

 

そうだなぁ、、、

 

 

手術した時に傷口が最小限で済んだほうが綺麗だし嬉しいじゃないですか?♪

 

 

それと一緒です☆

 

 

まぁそんな意識が僕のカット技術を支えています(爆)

 

 

昔僕がカットの先生にカットを習っていた時、

 

 

別に短く切り過ぎたとかでもないのに、

 

 

「切り過ぎなんだよ。」

 

 

って言われたのが今になって理解できた感じなんです。。。

 

 

うん、、、

 

 

理解するのに実に6年もかかってしまったwww

 

 

でもこれはカットの講師をされている方達は、

 

 

自然と無意識にされていることのように感じるので、

 

 

間違ってないと思っています☆

 

 

毛束一つ一つが綺麗に残り、

 

 

髪一本一本が意味を成す、

 

 

最小限の切り口☆

 

 

いつも縮毛矯正で埼玉から来てくれているNさんも、、、

 

 

image

 

 

重さと軽さの均一感と、

 

 

動きとまとまりやすさによる扱いやすさ、

 

 

これを最小限の切り口で☆

 

 

まぁ、、、

 

 

まだ毛先のビビリの除去途中なんですけどね。。。

 

 

そんな時でも笑顔になれるようにカットさせてもらっています☆

 

 

 ちょっと他の内容の記事も書きたくなってきたんで、

 

 

カットについてはまた今度♪ 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます☆

 

 

応援のクリックをし忘れていた方はよろしくお願いします↓↓ 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村 

 

 

一度使ったら他のはもう使えない!メルリでシャンプー難民からのリピーターが超続出中のシャンプー&トリートメント↓↓クリック☆

ノンシリコンシャンプー&トリートメント

この記事を書いた人

【代表×写心美容家】 守部 健太
【代表×写心美容家】 守部 健太写心美容家
1983年兵庫県神戸市生まれ、大阪府枚方市育ち。高津理容美容専門学校美容科卒業後、就職を機に上京。都内5店舗とフリーランスの経験を経て、2013年独立。東京都世田谷区にMerli~hair×living~をオープン。都内のみならず、関東・全国の髪に悩む女性を顧客に持つ。「本当に価値のあるヘアサロン」をお客様に感じていただけるよう、日々技術と知識の探求に努め写心美容家として美容の匠を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1983年兵庫県神戸市生まれ、大阪府枚方市育ち。高津理容美容専門学校美容科卒業後、就職を機に上京。都内5店舗とフリーランスの経験を経て、2013年独立。東京都世田谷区にMerli~hair×living~をオープン。都内のみならず、関東・全国の髪に悩む女性を顧客に持つ。「本当に価値のあるヘアサロン」をお客様に感じていただけるよう、日々技術と知識の探求に努め写心美容家として美容の匠を目指す。